山の絶景

2018-08-16

京都 五山送り火

毎年8月16日、京都では五山送り火が行われます。
五山送り火 大文字山
送り火は、この世を去ってしまった大切な人たちを見送るためのともし火。
五山送り火 大文字山
まずは午後8時、大文字(だいもんじ)に火が点ります。この山のふもとは銀閣寺です。

8時の大文字に続いて、8時5分妙法(みょうほう)、8時10分船形に火が点ります。
五山送り火 船形
空一面を雲が覆うときは送り火のあかりが雲に映り、まるで空まで燃えているようになることも・・・
五山送り火 船形

午後8時15分、左大文字点火。この山のふもとには金閣寺があります。このあと、鳥居形に点火されます。
五山送り火 左大文字
京都の夏が、過ぎてゆきます。

詳細は、こちらの京都市観光協会のサイトで・・・

>> 京都五山送り火



本記事で使用した写真の撮影シーズン:
夏(2018年8月16日:4枚目のみ2014年8月16日) 時間帯:20時~20時半

 

| | トラックバック (0)

2018-07-18

西国三十三所の絶景 観音正寺

西国三十三所は近畿2府4県と岐阜に点在する観音菩薩の霊場で、その数は観音菩薩が衆生を救う時に33の姿に変化するということに由来しています。第一番札所は和歌山県の青岸渡寺で、那智滝と三重塔の風景は見事ですが、京都・滋賀にも素晴らしい景色の札所がいくつもあります。
そんな中のひとつが滋賀県近江八幡市安土の第三十二番札所・観音正寺
西国三十二番礼所観音正寺
1993年に焼失し、2004年に再建された本堂。その向こう側に並ぶ石もなかなか珍しい風景ですが・・・
西国三十二番礼所観音正寺からの眺望
標高433メートルの繖山(きぬがさやま)の山頂にあるため、こんな素晴らしい眺望も楽しめます。写真の下の方に見える横一直線は東海道新幹線
西国三十二番礼所観音正寺から見る東海道新幹線
ちょっと見えづらいですが、新幹線が走っているのがおわかりいただけるでしょうか。
西国三十二番礼所観音正寺
聖徳太子により開創されたと言われています。繖山には六角氏の居城であった観音寺城の跡も残っています。
西国三十二番礼所観音正寺
聖徳太子が人魚を救ったという伝説があり、人魚のミイラとされるものが伝えられていたそうです(1993年に焼失)。

>> 西国三十二番礼所 繖山 観音正寺

本記事で使用した写真の撮影シーズン:
ゴールデンウィーク中(2018年5月5日) 時間帯:14~15時



【アクセス】

■公共交通機関
JR「能登川」駅より近江鉄道・湖国バス神崎線(八日市駅行) 、「観音寺口」下車徒歩約40分(他、JR「安土」駅より徒歩など複数ルートあり)

■クルマ
名神竜王ICから約14km(彦根IC約22km)、山上駐車場より徒歩約8分
山上駐車場利用の場合は拝観料大人500円とは別に、駐車料金・林道通行料金必要(普通車600円)
観音正寺参道
駐車場からの道


情報はすべて2018年5月現在のものです。



| | トラックバック (0)