京都の山

2017年8月16日 (水)

五山送り火2017

今日(2017年8月16日)、京都は五山送り火でした。
2017年五山送り火_大文字
まずは午後8時、大文字(だいもんじ)に火が点ります。この山のふもとは銀閣寺。
2017年五山送り火_大文字
去年(2016年)はすさまじい雨で、大文字山はまったく見えなかったため(もちろんちゃんと点火されていたのですが、すごい霧というか雲というか、完全に大文字山が覆われてしまっていました)、「大」の字を見るのは2年ぶりです。ちなみに、一昨年(2015年)も僕が見ていた地点ではかすかに小雨が降っていましたので、まったく雨のない中で見るのは3年ぶり・・・。
2017年五山送り火_妙法
続いて、8時5分に妙法(みょうほう)点火。横からなのでわかりにくいですが・・・。
妙法の後にうっすらと見える高めの山の稜線は、比叡山です。
2017年五山送り火_船形
8時10分に船形点火。最初、4か所に点火されてから・・・
2017年五山送り火_船形
線になっていきます。
2017年五山送り火_船形
船の形になりました(左下は山で隠れています)。

送り火のようす
ちなみに、拡大するとこんな感じで燃えています。

2017年五山送り火_大文字
午後8時15分、左大文字点火。この山のふもとには金閣寺があります。このあと、鳥居形に点火されます。

送り火は、この世を去ってしまった大切な人たちを見送るためのともし火。

祗園囃子が聞こえ始めると夏のおとずれに胸躍り、送り火で夏の終わりを感じるのが京都の夏・・・なのですが、今年はずっとすっきりしない天気が続き、夏が来ぬまま夏が行くような気がします。

| | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

大雪過ぎて-雪景色の京都-

京都では2017年1月14日夜から大雪警報が発令され、15日は一日中激しい雪。
雪化粧の比叡山
一夜明けた今日(2017年1月16日)は晴れ間も出て、雪を覆った比叡山が姿をあらわしました。
雪化粧の比叡山
新聞等で「数年に一度の大雪」なんて表現も目にしましたが、確かに昨冬はここまでの大雪は一度もなく、前回の京都での大雪は2015年の元日から3日にかけて。このときは20センチを超える積雪という、京都では61年ぶりとなるくらいの大雪でした。

そのときの様子はこちら
>> 「61年ぶりの積雪で迎えたお正月

雪化粧の比叡山
しかし、その“数年に一度”が今回はあまりにも日が悪かったです。1月15日は全国各地で大学入試センター試験が実施されており、受験生にとってはあまりにも非情。しかも京都は皇后杯全国女子駅伝の日でもありました。
数年に一度なんて頻度なのなら、何もこの日に当たらなくても・・・そんな気持ちになる一日でした。

雪のあとの京都では、夏には五山送り火が行われる山々も白く染まります。
白く染まる大文字
雪のあとならではの“白大文字”。
雪の西賀茂・船形
船形もこの通り真っ白です。

ちなみに夏の送り火はこんな様子です。
去年(2016年)の送り火は大雨だったため、2015年の記事です。

>> 「京の夜空に五山送り火

雪の賀茂川
賀茂川もすっかり雪景色。北山大橋から北の方向を望んだところです。
雪の賀茂川
写真は今日(1月16日)午前10時過ぎ。このときは晴れ間が出て陽が射してしましたが、このあとまた雪がちらつきはじめ、結局今日も、寒い寒い雪が降ったりやんだりの一日となりました。



| | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

3月初日は雪景色

今日から3月。
週末の3月4日あたりから並ぶ最高気温20度前後の予報が春到来を思わせていましたが、その直前、まさに2月から3月に変わろうとする頃、京都は雪が降りました
アクアリーナの向こうに雪の比叡山
降り始めたのは4年に1度の2月29日が終わりかけていたくらいからでした。パソコンに向かっていたのでふと窓の外を見て雪に気づいた正確な時間はよくわかっていませんが、気がついた後はみるみるうちに積もり始めました。朝はどれくらいになっているのかなとちょっと思ったものの、けっきょく市街地にはそれほど積雪はありませんでした。
でもこの通り、比叡山は雪化粧。手前に写っているのは西京極の京都アクアリーナです。
白い大文字2016
大文字山もこの通り、“白大文字”に・・・。
雪化粧の比叡山と大文字
左端が、1枚目の写真の比叡山、右端が2枚目の大文字です。

例年、冬の間に京都は数回積雪があるのですが、この冬(2015~2016年)しっかり積もったのは1月に一度だけ。
お正月の大雪をはじめ(2015年1月のようす「61年ぶりの積雪で迎えたお正月」)、けっこう雪が降った印象が強い昨冬とは対照的です。

現時点(2016年3月1日)で、6日の日曜日なんかは最低気温も10度を超える予報。
さぁ、この気温上昇で、今年の桜はどうなるでしょう

関連記事 : 2016年 京の桜はいつ咲くか

| | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年 京都・初日の出

あけましておめでとうございます。2016年がやってきました!

京都とおとなり滋賀県の四季折々の風景や、おすすめスポットなどをお届けしているこのブログ。
新年1回目の今回は京都の初日の出を・・・
日の出直前の大文字山
2016年1月1日午前7時ごろ。大文字山の向こうが赤く染まりはじめます。
今日の京都の日のでは7時5分頃ですが、山を昇りきらねばなりませんので、まだ太陽の姿はありません。
日の出直前の大文字山
さっきの写真から10分ほど経ったころ、大文字山の背後から光が射してきました
2016年 京都の初日の出
そして大文字山の背後から初日の出
2016年 京都の初日の出
左端に写っている山は比叡山。
昨年(2015年)はものすごい大雪のお正月でしたが、今年はとっても穏やかなお正月です。

去年のお正月の様子はこちら
>> 61年ぶりの積雪で迎えたお正月

とはいえ、京都盆地を囲む山々はうっすらと雪化粧
雪を纏った山が朝陽色に染まる
雪を纏った山々も朝陽に染まります

と、こんな感じに2016年の今年も、京都と滋賀の季節の移ろいをお届けしていきたいと思っております。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

| | トラックバック (4)

2015年11月 1日 (日)

朝焼けの比叡山

今日から11月。朝、陽が昇ってくる時間もだいぶん遅くなってきました。毎年これくらいの季節になってくると、自分の起床時間と日の出が同じくらいになり、起きるとちょうど日の出くらいということがよくあります。
夜明け前の比叡山と大文字山
こちら、今朝(2015年11月1日)の京都。もう6時前ですがまだこの暗さ。東の空、ほんのり赤みを帯び始めている稜線は、左端が比叡山で右端が大文字山です。
夜明け前の西空に残る月
振り返って西の空にはに月の姿。西空はまだ夜の世界です。
夜明け前の比叡山と大文字山
でも、ちょっと違う方向を見ていただけで、あっという間に空の明るさが変わってきます。1枚目の写真とほぼ同じ向きを撮っていますが、全然色が違いますね。
朝焼けの比叡山
さらにもうしばらくすると、比叡山の背後がはっきり赤く染まりはじめます
朝焼けの比叡山
さっきまで色のなかった雲も、朝焼け色に染まりはじめます
朝焼けの比叡山
これくらいのときが一番、色あざやかです。
朝焼けの比叡山
だんだん明るくなり始め・・・
朝焼けの比叡山
今日の京都の日の出は午前6時17分。日の出が近づいてきました。
大文字山から昇る朝日
空のキャンバスに雲の模様。
大文字山から昇る朝日
そして、大文字山のほうから陽が昇ってきました

気温もだいぶん低くくなってきたので(このとき8~9度くらい?)寒かったですが、清々しい朝でした。

| | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

秋色ほのか-宝ヶ池にて-

いまの季節は秋。・・・ですが、京都の紅葉シーズンにはまだかなり早く、昼間はけっこう暑かったりする日もあります。
10月の宝ヶ池と比叡山
こちらは今日(2015年10月18日)の宝ヶ池
10月の宝ヶ池と比叡山
もっと秋が深まればあざやかな赤や黄に彩られるこの景色も、いまはまだ緑が優勢
しかし、ところどころでほのかな秋色が見られ、季節が進んでいるんだなぁと感じられます。
ほのかに秋色の国際会館・グランドプリンスホテル京都前の道
こちら、同じ宝ヶ池周辺、京都市営地下鉄国際会館駅出入口あたりのグランドプリンスホテル京都の前の道ではこんなあざやかな色をしている木々もありました。うしろに見えているのは比叡山です。
ほのかに秋色の宝ヶ池公園
こちらは池の北西部付近。
ほのかに秋色の宝ヶ池公園
池のまわりでも、ちょっと見上げれば、ほのかに赤。
ほのかに秋色の宝ヶ池公園
今日の昼間は25度を超えていましたが、空の色も、山の佇まいも、やはり秋。
ほのかに秋色の宝ヶ池公園
なんとなく少しずつ秋が深まってきているのを感じます。

そうそう、宝ヶ池の話題に触れるときは、あの方のことにも触れないわけにはいきません。
宝ヶ池のガチョウ
ガチョウです。

>> 宝ヶ池のガチョウが1羽に・・・ (2014年5月16日)

>> 宝ヶ池のガチョウ 続編 (2014年5月18日)

宝ヶ池のガチョウ
宝ヶ池に行ったのは久しぶりだったのですが、1羽残ったガチョウ、元気にしていました。

【アクセス】

宝ヶ池公園の入口付近に35台ほど停められる駐車場がありますが(有料)、天気の良い休日はたいていいっぱいで、駐車待ちの列ができています。 冬になると休日でも駐車場は空いていたりすることもありますが、これから紅葉シーズンまでは、いっぱいのことが多いと思います。池のまわりもぐるっと散歩するスポットですので、歩きやすい靴で、地下鉄「松ヶ崎」「国際会館」駅か、叡山電鉄「宝ヶ池」駅から歩くことをお勧めしたいです。

| | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

中秋の名月2015

今夜(2015年9月27日)は中秋の名月です。
2015年中秋の名月

2014年京都府立植物園「名月鑑賞の夕べ」など、去年までの名月はこちら
>> 2015年の名月どこで観る?

翌日9月28日のスーパームーンはこちら
>> 十六夜スーパームーン

京都の月の出は17時15分
だったのですが、京都の街なかで観ていましたので、その時間にはまだ月は現れず。
京都の夕陽2015年9月27日
逆に日没は17:48でしたので、ちょうど月の出くらいの時間に、左大文字がある大北山に太陽が沈んでいきました。
夕暮れの大文字山
西にある左大文字とは反対、東の方角の大文字山が夕焼け色になってきたころ・・・
姿をあらわした2015年の中秋の名月
比叡山と大文字山の中間あたりから、中秋の名月が姿を現しました
中秋の名月、月の出の瞬間
まだまわりが明るいので、かなりぼやっとした登場です。
比叡山と中秋の名月
比叡山(写真左の高い山)と・・・
大文字山と中秋の名月
大文字山(写真右の高い山)のちょうど真ん中あたりに姿を現した中秋の名月。
2015年中秋の名月
ようやく暗くなり始め・・・
2015年中秋の名月
月の存在感が増してきます。
夜空で輝きだした名月
京の夜空に浮かぶ中秋の名月!
夜空で輝きだした名月
晴れ渡った東空に輝きます。
夜空で輝きだした名月
しかし、今年は(「今年も」の方が正確かもしれません)十五夜の今夜が満月ではありません。今年(2015年)の場合、明日9月28日が満月です。そして、今年一番大きく見える満月、“スーパームーン”です。明日の月も楽しみですね!
ちなみにスーパームーンの明日9月28日は、京都では17:57が月の出(国立天文台による)です。

翌日のスーパームーンはこちら
>> 十六夜スーパームーン

| | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

京の夜空に五山送り火

今日(2015年8月16日)、京都は五山送り火でした。
2015年五山送り火・大文字
まずは午後8時、大文字(だいもんじ)に火が点ります。
2015年五山送り火・大文字
かすかに小雨が降っていましたが、綺麗に京の夜空に大の文字が浮かび上がります。
2015年五山送り火・妙法
続いて、ちょっと横からでわかりにくいですが8時5分に妙法(みょうほう)。妙法の後に見える高めの山の稜線は、比叡山です。
2015年五山送り火・舟形
8時10分に船形万燈籠。このあと、左大文字、鳥居形と続き、五山すべてに点火。
2015年五山送り火・大文字
送り火は、この世を去ってしまった大切な人たちを見送るためのともし火。
祗園囃子が聞こえ始めると夏のおとずれに胸躍り、送り火で夏の終わりを感じるのが京都の夏。2015年、京都の夏が過ぎてゆきます

| | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

夏の夕空-夕焼け色に染まる雲-

夏の空、入道雲。夏が大好きな僕は、ほかの季節にはないあの立体感にいつも目を奪われるのですが、夕焼け色に染まる瞬間は、もうほんとに、なんて形容していいのかわからないくらいの美しさですね。
夕焼け色の入道雲
こちらは今日(2015年8月6日)の夕焼け空。
夕焼け色の入道雲
京都の北の方角にもくもく・・・とあらわれていた入道雲が、夕焼け色に染まった瞬間です
夕焼け色の入道雲
パソコンで、初めて使うソフトに悪戦苦闘していたところ、窓の外が見る見るすごい色になってきて、思わず手を止めて撮った写真です。
夕焼け色の入道雲
これら数枚分のシャッター押して1分も経たないうちに、もう全然違う色になっていました。ほんの束の間の色でした。

夏の夕焼け空と比叡山
これは別の日(7月下旬)に比叡山方向の夕焼けを撮った写真。
こんな思いもよらない模様な色を見ると、目も心も奪われますね。



| | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

夏の気配-大文字に入道雲-

今日(2015年6月21日)明け方、ものすごい雨と雷で目が覚めました。ピカッと光ったかと思えば、直後に雷鳴。もう1回寝たかったのですが、あまりの凄まじさにしばらく寝付けませんでした。
そのまま今日は1日雨が続くのかと思えば、午前中にはもう時折陽が射してくるようなことも・・・。
そして午後には、真夏を思わせるようなこんな光景
大文字山の向こうに入道雲
大文字山の向こうに、ものすごく大きな入道雲が出ていました
大文字山の向こうに入道雲
もくもくもく・・・と、高く空にそびえる入道雲。
比叡山の向こうに入道雲
少し北に目を移して、比叡山の方にもこんな雲
比叡山の向こうに入道雲
京都の梅雨明けはだいたい祇園祭・山鉾巡行が終わって数日の7月20日頃ですので、まだまだ梅雨はこの先、1ヶ月くらい続くのですが、夏好きとしてはこんな雲を目にして近づく夏の気配に心が躍ります。

でも、「エルニーニョ現象の影響で、全国的に長梅雨の予想」なんてニュースも目にしますので、もしかすると今年の梅雨は長め??


ちなみにこのあと、またザーッと降ってきて・・・
Hieirainbow20150621
比叡山の上に、ちょっとだけが出ていました(サムネイルではわかりにくいですが、拡大してみてください)。



| | トラックバック (0)