温泉・足湯

2014年12月27日 (土)

癒しの京都-大原・足湯カフェ-

三千院や寂光院で知られる京都市左京区大原は、一応、“京都市内”です。
左京区といえば、平安神宮、下鴨神社、永観堂、銀閣寺などなど・・・有名な観光地がたくさん。しかし、同じ左京区とはいえ、大原はこれらの有名観光地がある市街地とはまったく様子が異なります

特に、冬

これは今年(2014年)1月の写真なのですが、市街地には雪がなくても、大原はこんな景色なんてことも多々。
左京区大原・雪景色
寂光院だって、真冬はこんな景色になります。
大原・寂光院の冬景色
しかし・・・寂光院から歩いてすぐのところに、そんな寒い冬にほっこりあたたまれる癒しスポットがあります。
大原山荘・足湯カフェ
それがこちら、京都大原温泉・湯元のお宿、民宿大原山荘にある足湯カフェ です。

>> 大原山荘 足湯カフェ

大原山荘・足湯カフェ
ほら、ほっこりとあたたかそうでしょ♪テーブルの下が足湯になっています(写真は拡大できますので、ぜひ大きめの写真でご覧ください)。これは癒されます。
大原山荘・足湯カフェ
足湯とタオルがついてホットコーヒー720円(2014年現在)。
前述の通り、大原は左京区とはいえ市街地とはかなり気温が違いますので、冷え込みの厳しいときに行かれる場合は雪や凍結に注意が必要ですが、雪景色を眺めながらあたたかいお湯に足を浸しいただく珈琲、至福の時間です

外から見た足湯カフェ
外から足湯を見るとこんな感じになっています。
足湯カフェ・小物にも注目Ashiyu_oohara201602
かわいらしい小物にも癒されます。

JAZZが流れるなか、ほっこりと暖まりながら過ごす時間。
大原足湯カフェ・ひとりじめ状態のとき
ちょうどこんな風に誰もいないときに貸切状態になれば、さらに贅沢な時間となります。


これから冬本番という季節ですのでこんな書き方をしましたが、冬は市街地よりも寒いということは、夏は市街地より涼しいということ・・・。
夏の大原山荘・足湯カフェ
夏場に涼を求めていくのもなかなかいいものです。
夏の大原山荘・足湯カフェ
爽やかな風を感じながら、湯に足を浸してのアイス珈琲、これもおすすめです。

メニューはコーヒーのほか、ハーブティーや、大原らしく自家製しそジュースなど・・・。料金はいずれも足湯入湯料とタオルが含まれています。
詳しくは、宿のホームページで・・・。
>> 大原山荘 足湯カフェ

【アクセス】

公共交通機関ならば、京都バス「大原」下車、徒歩約15分前後です。
クルマならば、冬場は凍結や雪などの情報にご注意ください。

冬にほっこりできるカフェをお探しならば、ぜひこちらも・・・
>> 冬にほっこりこたつカフェ (上京区「ひだまり」)

| | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

京都に沖縄-八雲食堂-

鞍馬口通り・八雲食堂
青空によく映える白い壁。
鞍馬口通り・八雲食堂
メニューにはオリオンビールや泡盛があり、定食にはさんぴん茶がついていて・・・
八雲食堂・オリオンビールのちょうちん
オリオンビールのちょうちんまで出ているこのお店。
八雲食堂店内
しかし、青い海は近くにはありません。ここは沖縄ではなく、京都の西陣・船岡山付近、鞍馬口通り。二階には「月光荘」というゲストハウスもある八雲食堂です。 朝は9時から、夜は12時までやっています。
八雲食堂店内
食堂単体として営業しているというよりはゲストハウスに宿泊する方々の寄り集まりスペースを、泊り客以外も食堂として利用できる・・・といった感じでしょうか。お店のホームページの言葉を借りれば“泊まれる飲み屋”。
八雲食堂店内
この写真のオレンジ色の看板は宿泊者に向けてゴミの分別のことが書かれています。
僕の家からは自転車で10分程度の場所なのですが、店に入ってしまえば「あれ、いまどこにいるんだっけ?」なんて錯覚で、すぐに旅人気分
決して洗練された接客とは言い難いですが、ユースホステルで旅するのが好きだったとか、映画『めがね』が大好き・・・なんて人たちには思いっきりしっくりくる空間だと思います。
八雲食堂極楽温泉プラン
おもしろいのがこの看板にも出ている「極楽温泉プラン」880円(写真は拡大できます)。
船岡温泉
ななめ向かいの、知る人ぞ知る文化財指定の船岡温泉(天然温泉ではなく銭湯です)の入浴料とタオル、石鹸、そして湯上りのハートランドビールがついたセットです。

ほか、鞍馬口通りのこの界隈、「八雲食堂」から徒歩3分以内に自家焙煎珈琲「ガロ」や、café「さらさ西陣」蕎麦の「かね井」など“京都本”でもおなじみのお店がひしめいていますよ!鞍馬口通りは、ちょっとディープな京都が楽しめます。

【八雲食堂】
京都市北区紫野南舟岡町
営業時間 9:00~夜12:00
ゲストハウス月光荘と八雲食堂の詳細はこちら
>> 八雲食堂


 

| | トラックバック (0)