2017年1月16日 (月)

大雪過ぎて-雪景色の京都-

京都では2017年1月14日夜から大雪警報が発令され、15日は一日中激しい雪。
雪化粧の比叡山
一夜明けた今日(2017年1月16日)は晴れ間も出て、雪を覆った比叡山が姿をあらわしました。
雪化粧の比叡山
新聞等で「数年に一度の大雪」なんて表現も目にしましたが、確かに昨冬はここまでの大雪は一度もなく、前回の京都での大雪は2015年の元日から3日にかけて。このときは20センチを超える積雪という、京都では61年ぶりとなるくらいの大雪でした。

そのときの様子はこちら
>> 「61年ぶりの積雪で迎えたお正月

雪化粧の比叡山
しかし、その“数年に一度”が今回はあまりにも日が悪かったです。1月15日は全国各地で大学入試センター試験が実施されており、受験生にとってはあまりにも非情。しかも京都は皇后杯全国女子駅伝の日でもありました。
数年に一度なんて頻度なのなら、何もこの日に当たらなくても・・・そんな気持ちになる一日でした。

雪のあとの京都では、夏には五山送り火が行われる山々も白く染まります。
白く染まる大文字
雪のあとならではの“白大文字”。
雪の西賀茂・船形
船形もこの通り真っ白です。

ちなみに夏の送り火はこんな様子です。
去年(2016年)の送り火は大雨だったため、2015年の記事です。

>> 「京の夜空に五山送り火

雪の賀茂川
賀茂川もすっかり雪景色。北山大橋から北の方向を望んだところです。
雪の賀茂川
写真は今日(1月16日)午前10時過ぎ。このときは晴れ間が出て陽が射してしましたが、このあとまた雪がちらつきはじめ、結局今日も、寒い寒い雪が降ったりやんだりの一日となりました。



| | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

晴れ渡る大晦日の京都

2016年大晦日の京都は見事に晴れ渡り、最高気温も12度ほどと平年より高めのおだやかな一日となりました(平年並みだと9度台)。
ひっそり静まる2016年大晦日の今宮神社
明日からはにぎわうであろう寺社も、今日はひっそり静か。
ひっそり静まる2016年大晦日の今宮神社
写真は今宮神社ですが、あぶり餅で有名な「一和(いちわ)」さん、かざりやさんもお休みで、今月3日の記事の時(12月3日「今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016 」)よりもさらにひっそり・・・。
ひっそり静まる2016年大晦日の今宮神社
でも、もう来年の干支の酉も登場しており、お正月を待つばかりといった雰囲気です。2015年のお正月は元日の午後からものすごい雪となり、京都では61年ぶりとなる20センチ越えの積雪となりましたが(2015年1月「61年ぶりの積雪で迎えたお正月 」)、2017年の三が日は今日と同じように最高気温が10度を超えるおだやかなお正月となりそうです。

これを書いているいま現在で、2016年も残りあと5時間ほどとなりました。
今年もたくさんの方にこのブログをご覧いただくことができました。ありがとうございました。よろしければ来年もまたのぞいてみてください。

2017年が皆さんにとって素晴らしい1年となりますように・・

| | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

3月初日は雪景色

今日から3月。
週末の3月4日あたりから並ぶ最高気温20度前後の予報が春到来を思わせていましたが、その直前、まさに2月から3月に変わろうとする頃、京都は雪が降りました
アクアリーナの向こうに雪の比叡山
降り始めたのは4年に1度の2月29日が終わりかけていたくらいからでした。パソコンに向かっていたのでふと窓の外を見て雪に気づいた正確な時間はよくわかっていませんが、気がついた後はみるみるうちに積もり始めました。朝はどれくらいになっているのかなとちょっと思ったものの、けっきょく市街地にはそれほど積雪はありませんでした。
でもこの通り、比叡山は雪化粧。手前に写っているのは西京極の京都アクアリーナです。
白い大文字2016
大文字山もこの通り、“白大文字”に・・・。
雪化粧の比叡山と大文字
左端が、1枚目の写真の比叡山、右端が2枚目の大文字です。

例年、冬の間に京都は数回積雪があるのですが、この冬(2015~2016年)しっかり積もったのは1月に一度だけ。
お正月の大雪をはじめ(2015年1月のようす「61年ぶりの積雪で迎えたお正月」)、けっこう雪が降った印象が強い昨冬とは対照的です。

現時点(2016年3月1日)で、6日の日曜日なんかは最低気温も10度を超える予報。
さぁ、この気温上昇で、今年の桜はどうなるでしょう

関連記事 : 2016年 京の桜はいつ咲くか

| | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

快晴の嵐山散歩-阪急から嵐電へ-

今日は用事で嵐山へ行っていました。
その用事自体は1時間くらいで終わりまして、すぐに帰ろうかなと思ったのですが、今日の京都は、2月とは思えないほどの暖かさと、驚くほどの快晴
快晴の嵐山
急いでもいないし、もったいないので、ちょっと散歩することに・・・。最初に用事があった場所は阪急・嵐山駅の近くで、まっすぐ帰るなら阪急に乗るところだったのですが、そこから嵐電(らんでん)・嵐山駅まで歩き、嵐電で帰ることにしました。阪急と嵐電、同じ「嵐山」と名前の付いた駅ですが、間に渡月橋を挟み、1kmほど離れています

阪急「嵐山」駅
こちらスタート地点の阪急嵐山駅。とても風情がある駅です。
嵐山線は京都本線の「桂」駅からの支線ですが、「桂」と「嵐山」の間にある駅は「上桂」「松尾大社」の2駅だけ。かつては京都本線の特急だった6300系が内装を変えて活躍しています(2016年2月現在)。
阪急嵐山駅付近の案内標識
さぁ、嵐電へ向かってスタート!
京都 嵐山温泉 湯浴み処 風風の湯(ふふのゆ)
と、スタートしてすぐにビックリ!なんだこれは!
嵐山温泉「風風の湯(ふふのゆ) 」と書かれていました。対岸の道路はけっこう頻繁にクルマで走るのですが、こちら側を歩くのは、じつはかなり久しぶり。いつの間にこんな日帰り温泉が??やっぱりたまには歩いてみるものですね。
橋の向こうに愛宕山
さっきの日帰り温泉のすぐ先は橋。ここを渡ると中之島公園です。
嵐山・五木茶屋
橋からは五木茶屋が見えます。
鳩と渡月橋その1
渡りきると、中之島。少し先に渡月橋が見えます。
鳩と渡月橋その2
いい感じに鳩が佇んでいます(笑)。
嵐山・渡月橋
さぁ渡月橋を渡ります。
渡月橋から見る愛宕山と小倉山
橋から見る愛宕山(右)や小倉山(中央)。小倉百人一首ゆかりの地ですね。
嵐山・渡月橋
渡り切りました。なんせ以前はこの近所に住んでいたこともありまして、今でもこちら側の岸はよく通りますので、ここからは見慣れた風景です。
嵐山・渡月橋の案内板
渡月橋のことが解説されています。
嵐電嵐山駅
そして、嵐電・嵐山駅到着!
この駅には、ホームに足湯があるのですが、あまりにも駅がごった返していたので今日は断念。でも、快晴の下、とっても気持ちいい散歩になりました。

今日のスタート地点はこちら・・・

| | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

冬の賀茂川散歩 ユリカモメとカモ

この成人の日三連休の京都、天気予報を見る限りではもうちょっと曇りがちなのかなぁと思っていましたが、けっこう晴れ間が広がっている時間が長かったです。
冬の賀茂川・北大路~北山間の飛び石
そんな思いがけない晴天と暖冬による暖かさにいざなわれ、賀茂川を散歩してきました
冬の賀茂川・青空を映す
こんな感じで青空が広がっていましたが・・・
冬の賀茂川
いくら暖かいとはいえ前回賀茂川のことを記事にした時とは違い(2015年11月29日「カモ上陸-晩秋の賀茂川にて-」)彩りはなく、冬景色
しかし木々たちに彩りはありませんが、川にはたくさんの鳥たちがいて、目を楽しませてくれます。

賀茂川のユリカモメ
まずはやはりユリカモメ
賀茂川のユリカモメ
賀茂川(鴨川)のユリカモメは、比叡山を越えて夜は琵琶湖で過ごしているのだとか・・・。
賀茂川のユリカモメ
こちらは違う鳥もまじってますが・・・。
岸に上がってきた賀茂川のユリカモメ
陸にもよくあがってきています。
岸に上がってきた賀茂川のユリカモメ
ハトにまじって食べ物を探していることも。

賀茂川のカモ
こちらはカモです。
賀茂川のカモ
川岸を歩いていれば、探さなくても勝手に視界に入ってくるくらい、たくさんいます。
賀茂川のカモ
こちらも、こんな風に泳いでるばかりではなく・・・
岸に上がってきた賀茂川のカモ
こんな風によく陸にあがってきています。
岸に上がってきた賀茂川のカモ
ちょこちょこと歩き回る姿はとてもかわいらしいです

秋にも、カモがたくさん上陸している姿を書いています。
>> 2015年11月29日「カモ上陸-晩秋の賀茂川にて-

冬の賀茂川
ユリカモメやカモ以外の鳥たちもたくさん・・・。


賀茂川を散歩しておもしろいのは、鳥の観察ばかりではありません。
水の中もよく見ると・・・
賀茂川を泳ぐ大きな鯉
ほら!こんな大きな鯉が泳いでいます
(サムネイルではわかりにくいかもしれませんので拡大してみてください)
北大路橋や北山大橋の橋の上からのぞくだけでも、見つけられることが多いです。
賀茂川を泳ぐ大きな鯉
池なんかでよく見るくらいのサイズの大きな鯉が、ふつうに、しかもこんなにたくさん川の中を泳いでいます。
賀茂川を散歩するときはぜひ鯉も探してみてください

今回の写真はすべて北大路橋~北山大橋付近のものです。



| | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年 京都・初日の出

あけましておめでとうございます。2016年がやってきました!

京都とおとなり滋賀県の四季折々の風景や、おすすめスポットなどをお届けしているこのブログ。
新年1回目の今回は京都の初日の出を・・・
日の出直前の大文字山
2016年1月1日午前7時ごろ。大文字山の向こうが赤く染まりはじめます。
今日の京都の日のでは7時5分頃ですが、山を昇りきらねばなりませんので、まだ太陽の姿はありません。
日の出直前の大文字山
さっきの写真から10分ほど経ったころ、大文字山の背後から光が射してきました
2016年 京都の初日の出
そして大文字山の背後から初日の出
2016年 京都の初日の出
左端に写っている山は比叡山。
昨年(2015年)はものすごい大雪のお正月でしたが、今年はとっても穏やかなお正月です。

去年のお正月の様子はこちら
>> 61年ぶりの積雪で迎えたお正月

とはいえ、京都盆地を囲む山々はうっすらと雪化粧
雪を纏った山が朝陽色に染まる
雪を纏った山々も朝陽に染まります

と、こんな感じに2016年の今年も、京都と滋賀の季節の移ろいをお届けしていきたいと思っております。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

| | トラックバック (4)

2015年12月31日 (木)

よいお年を・・・

2015年も残すところあと数時間となってきました。
京都では、市場やスーパー、ショッピングセンターなどは混雑していますが、ふだん観光の人たちが多い場所はかなり閑散としていて、年末を感じます。
年末の今宮神社
こちらは昨日(12月30日)の今宮神社
年末の今宮神社
今月(2015年12月)はじめにこの神社の紅葉のようすを記事にしまして(「今宮神社東門の紅葉2015」)、そのときに「11月から思えばびっくりするくらい静か」というようなことを書きましたが、さらなる静けさ。あぶり餅のお店も閉まっていました。
年末の今宮神社と2016年の干支
もちろん明日からは初詣の人たちでにぎわうことになります。来年の干支の申も登場しており、お正月を待つばかりといった雰囲気が漂います。

さて・・・
今年は今までにないくらいたくさんの方にこのブログをご覧いただきました。検索サイトから来ていただく方や、Find Travelで写真を引用していただいたこともあってそこからのリンクで来ていただく方が劇的に増え、文字通り去年と比べて“桁違い”の方にご覧いただけることとなりました。ほんとうにありがとうございました。
よろしければまた来年ものぞいてみてください。

2016年が皆さんにとって素晴らしい1年となりますように・・

| | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

植物園クリスマスイルミネーション

今冬(2015年)も、12月12日(土)から行われてきた京都府立植物園「観覧温室の夜間開室とイルミネーション」ですが・・・
京都府立植物園のクリスマスイルミネーション
いよいよ今夜、クリスマスの12月25日(金)が最終日です。

>> 京都府立植物園

京都府立植物園のクリスマスイルミネーション
こちらは正門から入ってすぐ、観覧温室前のイルミネーション。クリスマスらしい彩りに包まれています
この温室の中ではポインセチア展が開催中(こちらも25日まで)。
京都府立植物園のクリスマスイルミネーション
例年は、寒さに耐えながら観ていますが(笑)、やはり今年はあたたかいですね。京都府立植物園のクリスマスイルミネーション
写真はクリスマスイブ。12月下旬の夜だというのに気温が10度を超えています。

これら正門付近のイルミネーションもとても綺麗なのですが・・・
京都府立植物園のイルミネーションといえば、やはりこちらです。
京都府立植物園トウカエデのイルミネーション
北山門の噴水にある、高さ20メートルのトウカエデ
京都府立植物園トウカエデのイルミネーション
噴水もライトアップされていて、とても幻想的。
京都府立植物園トウカエデのイルミネーション
樹の真下から見上げれば、こんな感じ。圧巻です。
京都府立植物園トウカエデのイルミネーション
噴水とトウカエデのコラボレーション。
京都府立植物園トウカエデのイルミネーション
明るめに撮影するとこんな感じになります。なんとも見事な輝き!

くすのき並木のライトアップ
くすのき並木もライトアップされています。
くすのき並木のライトアップ
さまざまな色に変わります。
くすのき並木のライトアップ
イブの夜は、月もコラボレーション

この「観覧温室の夜間開室とイルミネーション」、通常開園時間終了の17時に一旦閉園され、その後の17時30分から改めて開園、19時30分まで入園できます(20時閉園)。入園料は一般200円、高校生150円、中学生以下無料です(2015年12月現在)。

2015年は今夜、クリスマスの夜がラストチャンスですよ!

では・・・
Merry Christmas!

>> 京都府立植物園

ほか、このブログでご紹介したことのある植物園関連記事

2015年7月20日 バオバブ咲く早朝開園の植物園

2014年4月12日 京都の桜2014 【6】植物園(夜桜)

【アクセス】
京都府京都市左京区下鴨半木町
正門   :地下鉄烏丸線「北大路」駅から徒歩約10分
北山門:地下鉄烏丸線「北山」駅下車すぐ

駅からのアクセスがいいのは北山門ですが、北山門から入ると真ん前がトウカエデでいきなりクライマックスという感じがしますので、時間に余裕があるようでしたら、正門からゆっくり散歩することをオススメしたいです。



| | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

冬の琵琶湖 草津にコハクチョウ

冬の比良山と琵琶湖大橋
冬の滋賀
。1200メートルを超える比良山地が雪景色となるこんな季節には・・・
湖岸緑地の水鳥たち
たくさんの水鳥たちが琵琶湖にやってきます。湖岸道路をクルマで走っていると、ところどころ、びっくりするくらいたくさんの鳥たちが集まっている場所がいくつもあります。カモやカイツブリ(滋賀の県鳥)、ユリカモメなどは特にたくさん見かけますが、なかにはこんな鳥も・・・。
湖岸道路草津市志那のコハクチョウ
コハクチョウです。
湖岸道路草津市志那のコハクチョウ
しかも今回の写真、撮影地は湖北ではなく市街地から近い草津市・志那にある湖岸道路の駐車場付近、草津水鳥観察所です(もちろん自然のことですので、飛来がゼロの日もあります)。撮影日は2015年1月24日、写真はすべて拡大でご覧いただくことができます。
湖岸道路草津市志那のコハクチョウ
イオンモール草津からもそんなに遠くなく、けっこうクルマが通る道路沿いでこんな姿が見られるなんて、驚きでした。
湖岸道路草津市志那のコハクチョウ
雪山を背に泳ぐコハクチョウの姿はひときわ優雅。
はばたく水鳥
コハクチョウ以外も、ラムサール条約にも登録されている琵琶湖だけあって、ほんとうにさまざまな水鳥たちの姿が楽しめます。
琵琶湖のユリカモメ
こちらはユリカモメ
雪の比良山と水鳥たち
寒いのでしっかりと防寒の必要はありますが、ゆっくりと水鳥たちの姿を眺めて過ごすのもなかなか癒されます。じつは今回は水鳥を見に出かけたわけではなく、たまたま望遠レンズを持っていたから楽しめました。琵琶湖岸を走る予定がある方は、双眼鏡やカメラの望遠レンズをお持ちになってみてはいかがでしょうか。

琵琶湖にやってくる水鳥たちについてはこちらが参考になるかと思います。
>>  滋賀県 ラムサール条約と琵琶湖

今回の撮影地、1枚目だけは琵琶湖博物館のある烏丸半島からのものですが、ほかはすべて草津市志那です。

だいたいこのあたり・・・実際はもうちょっとだけ北の、「志那-1(北)」という案内が立っている駐車場でした。

また、1~2月のこの付近と言えば、こちらもおすすめです。
>> 雪山を背にした黄色絨毯-守山なぎさ公園-
(守山市第一なぎさ公園の菜の花畑です)
滋賀県守山なぎさ公園の菜の花畑

| | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

61年ぶりの積雪で迎えたお正月

こちらは今日(2015年1月10日)の比叡山
雪化粧の比叡山
雪化粧がとても綺麗なのですが・・・
雪化粧の比叡山
白く雪化粧なのは中腹くらいまで。市街地に今日は雪の姿はありません。

しかし、2015年のお正月、京都での積雪はほんとうにすごかったです
大晦日は、そんな気配はまったくありませんでした。
大晦日の京都はこんな青空
こちらは大晦日の今宮神社。空は綺麗な青空です。この後、雪になる予報でしたので、そのうち降ってくるんだろうなぁなんて思っていながら年越し。
でも、元旦はまだ雪は降っておらず、寒いながらも青空。
ところが、午後・・・
降り出したかと思うと見る見る積もっていき、降り始めてからわずか2~3時間でこの積雪!
61年ぶりの積雪
毎年、年に数回積雪はありますが、これは今まで見たことがないくらいの雪だなぁと思いました。
翌朝、1月2日の朝。
61年ぶりの積雪
結局、1月3日にかけて降った雪は20センチを超える積雪となりました。新聞によると、京都では61年ぶりのことだそうです。
61年ぶりの積雪と白い大文字
この写真の奥に見えているのは大文字。
雪の賀茂川
こちらは1月2日夕方の賀茂川、北大路橋付近。
雪の賀茂川
河原は一面白に染まり、空と、川面に映る空だけが色を持つ不思議な光景。
雪の賀茂川
「すごい」ということをたとえるため「こんなの見たことがない」とか「初めて見た」みたいな言い方をすることがありますが、61年ぶりですので、この光景はほんとに見たことがなかったわけですね。
年明け早々、驚きの3日間でした。

こちらもぜひ・・・
去年の冬景色、雪化粧の比叡山 白い大文字

| | トラックバック (0)