2018年4月21日 (土)

なぎさ公園プロムナードのシバザクラ

なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
大津市のなぎさ公園「なぎさのプロムナード」で、シバザクラが一面に咲き誇っています
なぎさプロムナードのシバザクラ
こちらが今日(2018年4月21日)の様子
なぎさプロムナードのシバザクラ
快晴の空の下で一面に咲くシバザクラは見事のひとこと。
なぎさプロムナードのシバザクラ
一面のピンク絨毯の向こうには琵琶湖や比良の山々。絶景ですね。

なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
さらに、琵琶湖汽船が運航するミシガンもこの風景を彩ります。
なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
みるみる近づいてきます!
なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
このミシガン、京阪「浜大津」駅近くの大津からの出航なのですが、におの浜観光港にも停船するため、一面にシバザクラ咲き誇るエリアのすぐ近くまでやってきます。
なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
ミシガンの詳細は、下記URL(琵琶湖汽船ウェブサイト)へ・・・。

>> 琵琶湖汽船公式 

琵琶湖汽船のミシガン・におの浜観光港付近
港を離れていくミシガン・・・。
なぎさプロムナードのシバザクラ
浜大津側からの経路で言いますと、なぎさ通りをびわ湖ホールを越えて、「におの浜一」を左折、アヤハディオを過ぎた県立武道館の前あたりからシバザクラの花壇が始まり、びわ湖大津プリンスホテルのあたりまで続きます(滋賀県大津市におの浜3丁目~4丁目) 。
なぎさプロムナードのシバザクラ
付近にコインパーキング(プロムナード駐車場)があり、1時間まで 210円/2時間まで 320円/3時間まで 430円以降30分ごとに210円・・・という料金設定です(2018年4月現在)。
なぎさプロムナードのシバザクラ
公共交通機関なら、京阪「石場」駅や、JR「膳所」駅から徒歩圏です。

なぎさ公園の公式サイトはこちらです。

>> 大津湖岸なぎさ公園 | おおつのこうえんネット

 

| | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

水火天満宮の夜桜2018

2018年3月25日「京都・春の訪れ-満開のしだれ桜-」でも訪れた上京区の水火天満宮で、夜桜が楽しめるという話を聞き、昨夜(2018年4月2日)行ってみました。
すると・・・
水火天満宮の夜桜2018
こんな見事な夜桜

>> 水火天満宮

水火天満宮の夜桜2018
こんなに見事なのに、この時間帯(21時30分~22時)、ほかの人を見かけたのはわずかに3人。完全な穴場と言えるのではないでしょうか。
水火天満宮の夜桜2018
神社自体はさほど大きくありませんが、堀川通りに面しており、「天神公園前」バス停の真ん前ですので、アクセスはひじょうに良いです。
水火天満宮の夜桜2018
小さな天満宮ですが日本最初の天満宮・・・ともいわれています(石碑にも“日本最初”の文字があります)。
水火天満宮の夜桜2018
オフィシャルサイトにもこのライトアップの情報は掲載されておらず、いつまで、何時まで楽しめるのか詳細は残念ながらお伝えできないのですが、今、見頃です。

【アクセス】
市バス「天神公園前」(京都駅から9系統 西賀茂車庫行きほか)下車 すぐ
地下鉄烏丸線 「鞍馬口」駅下車 徒歩約10分

| | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

大津市 八幡神社御旅所の桜2018

ネットで調べてもほとんど情報が出てきませんので、おそらく特に知られた桜の名所というわけではないと思うのですが、10年以上前に目を奪われて以来、すごく気に入っている場所が滋賀県にあります。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
それがこちら・・・瀬田西インターチェンジから信楽方面へクルマを走らせ、滋賀県道16号大津信楽線を少しそれたところ、大津市牧2丁目付近、八幡神社御旅所の桜です。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
とにかく、人がいない。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
そして、まわりの風景がとっても広大なので、眺めていてとても癒される感じがします。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
朝のうちは、京都市内・賀茂川のあたりを自転車で走ってみました。それはそれは見事だったのですが、人の多さもすごくて、桜だけを写真に撮るのは至難の業。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
ほとんど誰もこないなか、こんな見事な桜を独り占めできるなんて最高の贅沢です。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
去年も来ているのですが、去年は4月16日に見に来ています。そのときはだいぶん葉が出てきていて、もう終わりかけているころではありましたが、それでも今年は3月のうちにこの満開はかなり早いですね。

昨年の様子はこちらです。
>> 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜

【アクセス】
大津市牧2丁目付近
県道16号線綾井橋のすこしだけ西
名神高速道路瀬田西インターチェンジより約7km、12~15分
1~2台ならばしばらくクルマを停めておいても大丈夫な感じです


| | トラックバック (1)

2018年3月25日 (日)

京都・春の訪れ-満開のしだれ桜-

京都の桜、咲き始めました!
2月上旬の記事(「2018年 京の桜はいつ咲くか 」)の時点では3月29日の開花予想が出ていましたが、だいぶん早まりまして、3月22日に開花が発表されました。丸々一週間早まった感じですね。現時点で見頃は3月28日から4月4日ごろとの予想が出ています。しかし、この開花日は標本木(京都では二条城内)のものですので、じつは本日(2018年3月25日)現在、もう満開になり見頃を迎えている桜もあります。今日は、標本木の開花日あたりに毎年、満開を迎えているしだれ桜を巡ってみました。

まずは、2018年3月25日の本満寺
満開の本満寺しだれ桜2018
見事です!ここ数年、だいたい標本木開花が見頃の合図です。
満開の本満寺しだれ桜2018
場所は京都市上京区寺町通り今出川上る。その名の通り、たくさんのお寺が並ぶ寺町通りに面しています。日曜日ですので、それなりに人はいますが、それでも「混雑」という表現は該当しないくらいの人数。穴場の部類に入るのではないでしょうか。
満開の本満寺しだれ桜2018
寺町と言いましても、四条と交わる繁華街あたりではなく、もっともっと北の方で、鉄道で言いますと京阪や叡山電鉄の出町柳」駅が最寄り駅になります。このへんにほかにあるものと言えば、下鴨神社や豆餅の出町ふたばなど・・・。地下鉄「今出川」駅からも歩けない距離ではありません。

続いてこちらは2018年3月25日の京都御苑・近衛邸跡付近
満開の京都御苑(京都御所)しだれ桜2018
こちらは京都の早咲きを代表するひとつみたいな桜。京都御苑へは地下鉄烏丸線「今出川」駅または「丸太町」駅下車 徒歩すぐ。この近衛邸跡付近へは「今出川」駅下車です。
満開の京都御苑(京都御所)しだれ桜2018
ただ、こちらはかなりの有名どころである上に、今朝の京都新聞に写真入りで「満開」の記事が出ていましたので、それなりの混雑ぶり。なかなか静かに鑑賞は難しい場所です。

こちらは2018年3月25日の水火天満宮
満開の水火天満宮しだれ桜2018
堀川北大路交差点から少し南の堀川通り沿いにあります。
満開の水火天満宮しだれ桜2018
駅だと最寄駅は地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅になります。日本最初の天満宮・・・ともいわれています
満開の水火天満宮しだれ桜2018
バスだと「天神公園前」(京都駅から市バス9系統 西賀茂車庫行きほか)下車すぐです。

最後に・・・
水火天満宮のすぐ近くですので、妙覚寺大門にも立ち寄ってみましたが・・・
満開近い妙覚寺大門しだれ桜2018
こちらは、あともうちょっとという感じでした。
ちなみに、満開だとこんな感じになります。

>> 京都の桜2015 【3】妙覚寺大門


今週、明日からの週間予報は晴れ続き、しかも気温もだいぶん高めですので、満開予想日通りソメイヨシノの満開も、きっともうすぐっぽいですね。

| | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

2018年 京の桜はいつ咲くか

今日は立春。名ばかりとは言え、暦上では「春」と名のつく季節がやってきました。そうなってくると、少し早いですが気にかかりはじめるのが、桜・・・。
今日2月4日、立春現在での京都の2018年開花予想を見てみると・・・

**********************************

開花予想日 : 2018年3月29日
満開予想日 : 2018年4月
5日


**********************************

と、なっています(ウェザーマップ の1月25日発表データを引用しています)。
これは、過去10年から見ると少し遅めですが、去年もかなり遅かったので、前年比だとほんの少しだけ早いという予想になるのだそうです。

でも、この日付の根拠となっているのは二条城の中にある予想対象(標準木)。その少し前から見ごろを迎えている桜もあります
この「京都四季折々」というブログ、けっこう長年やっておりまして、毎年の桜の写真があります。そこで、このブログで登場したことのあるスポットのうち、早めの年と遅い年が比較できる3か所の様子(近年は、いつ、どれくらい咲いていたのか)をご紹介しますね。

もちろん自然のことですし、今年がどうなるかはわかりませんので、参考程度に・・・。

【京都御苑 近衛邸跡付近】

京都御苑近衛邸付近の桜は、京都の早咲きを代表する桜のひとつではないでしょうか。
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
こちらは昨年、2017年4月2日の様子です。が、標準木同様に昨年はここの開花も遅かったです。
2017年京都御苑近衛池付近の桜
ここ数年は、だいたい3月最終週あたりには見ごろを迎えていたのが、前週の3月末に行ってみたらまだまったく咲いていなくて、一週間後に再訪したら咲いていました。

なので、もう少し前の年の様子も見てみると・・・
2016年京都御苑(京都御所)の桜
2016年は3月26日にここまで咲いています
2016年京都御苑(京都御所)の桜
2015年も同じ3月26日にここまで咲いています。自分で見た感じ、ここ数年この近衛邸付近はだいたいソメイヨシノの開花宣言あたりが見ごろの合図かなぁと思っています(個人的な感覚です)。とすると、現時点の予想通りに標準木が開花すれば3月29日あたりはみごろに・・・なるのでしょうか?
京都御苑 近衛邸跡の桜
さらに1年遡って、2014年3月29日はこんな開花状況。今年はこのあたり・・・でしょうか?

【本満寺】

こちらは上京区・出町柳から近い、本満寺
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
ここにはこんな見事なしだれ桜があります。
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
2017年は、4月2日時点でまだこんな状態でしたが・・・
2016年の本満寺しだれ桜
2016年は、3月27日の時点ですでにこの見事な満開
2016年の本満寺しだれ桜
3月末に満開か、それとも4月に入ってからか・・・今年はどうなるでしょう。

【賀茂川】

しだれが続きましたが、ソメイヨシノの様子も見てみましょう。こちらは賀茂川、出てくるのはだいたい、出雲路橋~北大路橋~北山大橋にかけての間あたりですが、このあたりも、昨年(2017年)は遅かったです。
まだつぼみ 賀茂川の桜2017
2017年は4月2日時点で、まだつぼみ
2016年賀茂川の桜(北大路)
でも、2016年は4月6日には満開でした。
2016年賀茂川の桜(北大路)
だいたい標準木がめやすになるかと思います。
賀茂川(北大路橋付近)の桜
2014年まで遡ると、4月3日の写真がありました。最初の2017年の写真と1日違いですが、ここまで違いますね。

ちなみに、同じ賀茂川でも、北大路橋~北山大橋の東岸にあたる「半木(なからぎ)の道」は、このあたりのソメイヨシノよりだいたい少し遅めです。
半木の道
約800メートル続く花のトンネルですが、こちらは2014年4月7日時点。まだもう少し・・・といった感じです。
2015年半木の道の桜
でも、翌2015年は、4月4日でこれくらいの見ごろ
賀茂川飛び石からの眺め
2015年4月4日の両岸で、右が半木の道です。
(>> 京都の桜2015 【5】半木の道

と、いったところですね。
今年の冬は寒いですが、さて、桜はどうなるでしょう?こんな風景が見られる、暖かな春が、今から待ち遠しいですね。

| | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり

新緑の美しい季節。京都でも数々の新緑が美しい場所がありますが・・・
黒い床板に美しく映える閑院邸跡の「床みどり」
ここは、京都で新緑を楽しむ穴場中の穴場と言っても過言ではないのではないでしょうか。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
黒い床板に緑が映る「床みどり」は、左京区岩倉の実相院(2014年5月「京の緑-薫風の実相院と高桐院-」)が有名ですが、この写真の「床みどり」は実相院ではありません。
ここは京都御苑にある閑院宮(かんいんのみや)邸跡です。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
閑院宮邸跡は、京都御苑の長方形の左下に位置しています。なので、地下鉄烏丸線「丸太町」駅からすぐです。

京都御苑 閑院宮跡収納展示室
こちらがさきほどの「床みどり」が見られる収納展示室の建物。
京都御苑 閑院宮跡収納展示室
美しいのは「床みどり」だけではありません。
京都御苑 閑院宮跡収納展示室
ひじょうに風格の漂う閑院宮邸跡。
京都御苑 閑院宮跡収納展示室
冒頭に「穴場中の穴場」と書きましたが、「床みどり」の名所・実相院と比べると、この閑院宮邸跡にはとても驚くべきことがいくつもあります。

京都御苑 閑院宮跡収納展示室
まず、この記事の写真にまったく他の人たちの姿が写っていませんが、これは平日や朝一番の開館間もない時間の写真ではありません。土曜日の昼間です。驚くほどの人の少なさ・・・。
広大な閑院邸跡敷地
かく言う僕も、桜の季節には毎年近衛邸跡付近に行くのに(2017年4月「2017年はこれから!咲き始めた京の桜」)、実は2日前までここを知らなかったんです。2017年5月18日京都新聞 夕刊で知りました。でも、新聞に載った直後で最初の土日ですから、さすがに人が多いだろうと思っていたにもかかわらずこの静けさ。格調高き静寂の空間に、感動をおぼえました。
閑院宮邸跡の床みどり
そして、実相院の「床みどり」は撮影できませんが(禁止されています)、ここはご覧の通り撮影できます(2017年5月現在の情報です)。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
前述の通り、ものすごく人が少ないですので、こんな風に誰もいないところを撮るのもそんなに難しくありません
閑院宮邸跡は入館無料
さらに、驚いたのがこの閑院宮邸跡、入館無料なんです。
京都御苑閑院宮跡中庭
にもかかわらず、「床みどり」だけではなくこんな趣きある美しい中庭も楽しめてしまいます。
京都御苑閑院宮跡中庭
しばらくじっと座って眺めていました。
京都御苑閑院宮跡中庭

さきほどからの写真のさらに奥、宮内省所長官舎跡にも庭園があります。
京都御苑閑院宮跡 庭園2
池では、こんな鳥の姿も・・・。
Gyoen_kanin17

ゆっくりゆったりと優雅な時間を過ごしました。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり

京都御苑 閑院宮邸跡
休館日   月曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
参観時間 9:00~16:30 ※受付16:00まで
入場料   無料(予約不要)

2017年5月20日現在の情報です。

【アクセス】
地下鉄烏丸線「丸太町」駅 徒歩4分

| | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

新緑2017 高桐院と上賀茂神社にて

新緑って、なんだかいつも唐突な気がするんです。
新緑の高桐院2017
春がきて、桜に目を奪われ、散る花を惜しみ、あぁ桜が終わったなぁと思うころ、「あれ、いつの間に?」ってくらいに青々とほかの木々が生い茂っていて、季節の進みに驚かされます。道を歩いていてもあまりにあざやかなので、今日は、より一層緑があざやかそうなところを散歩してみました。

こちら、ゴールデンウィーク真っ只中、今日(2017年5月2日)の高桐院です。
新緑の高桐院2017
大徳寺の塔頭のひとつである高桐院。「そうだ 京都、行こう。」でも登場したことのあるここは、見事な緑。
新緑の高桐院2017
ゴールデンウィーク真っ只中とは言え、今日は平日だったためか、それほど人は多くありませんでした。2枚目の一直線に続く道は、混んでいる時ですと、なかなか誰も人が通っていない瞬間を撮ることはできません。

新緑の上賀茂神社2017
こちらも同じく今日(5月2日)の、上賀茂神社です。ここも新緑がまぶしかったです。5月5日には賀茂競馬(かもくらべうま)が行われます。

>> 昨年、出番を控えた馬たちを撮った記事はこちら
   2016年5月5日「上賀茂神社で湧水珈琲

ここから伝統的建造物群保存地区になっている、上賀茂神社東側の「社家町」のまちなみを歩いてみました。
新緑の上賀茂神社2017
見事な青空の下、存分に新緑を楽しんだ散歩でした。

【高桐院】


【上賀茂神社】

| | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

信楽への道で 八幡神社御旅所の桜

信楽焼で知られる滋賀県甲賀市の信楽。今日はその信楽をめざして京都からクルマを走らせました。新名神高速道路ができてからは、いっきに京都東インターから信楽インターへと走るようになりましたが、久しぶりに、瀬田西インターチェンジで名神を降りて、滋賀県道16号大津信楽線を通って信楽をめざすことにしました。

理由は、この八幡神社御旅所の桜を見るため。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
ネットで調べてもほとんど情報が出てきませんので、別に名所になっていたりするわけでもなんでもないんですが、10年ほど前に目を奪われて以来、お気に入りの場所になっています。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
まわりが麦畑なので、4月ながらもう一面が緑色になっていて、とてもあざやか。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
30分ほどここに滞在していましたが、その間にここへやってきた人はゼロ。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
だいぶん葉も出てきていて、もう見頃も終わりだなぁという感じではありましたが、誰も来ないなかこの桜を独占できるなんて、すごく贅沢な感じです。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
風が吹くたびに舞い散る花びら・・・桜のもっとも儚げなそんな風景もひとりじめです。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
明日(17日)の滋賀は雨予報。もしかしたら今年は今日が見納めだったかもしれません。

【アクセス】
大津市牧2丁目付近
県道16号線綾井橋のすこしだけ西
名神高速道路瀬田西インターチェンジより約7km、12~15分
1~2台ならばしばらくクルマを停めておいても大丈夫な感じです

| | トラックバック (1)

2017年4月15日 (土)

嵐電北野線「龍安寺」駅の桜

嵐電、北野線、桜・・・というと、京都の桜スポットに詳しい方ならすぐに、“桜のトンネル”を思い出されることでしょう。
京福電鉄・嵐電 は「四条大宮」駅から「嵐山」駅を結ぶ本線のほか、「帷子ノ辻」駅から北野天満宮の近くの「北野白梅町」を結ぶ単線の路線があります。それが北野線なんですが、その北野線「鳴滝」駅~「宇多野」駅(2007年まで「高雄口」駅)の間は、線路の両脇が桜並木になっており、トンネルさながらの風景から“桜のトンネル”と呼ばれており、今年(2017年)はもう終わってしまいましたが、夜にライトアップも行われています。

その“桜のトンネル”を目当てに嵐電に乗られる方もおられますが・・・「龍安寺」駅の桜もなかなか風情があり、僕はいつも楽しみにしています。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
ここが、北野線「龍安寺」駅。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
その名の通り、石庭で有名な龍安寺への最寄り駅です。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
終点の「北野白梅町」駅の次が「等持院」駅(2016年2月21日「等持院-足利尊氏と夢窓国師-」)、その次がこの「龍安寺」駅です。
「等持院」駅に停車中の嵐電
駅間が短い上、見通しのいい直線なので、「等持院」駅に停車中の電車も「龍安寺」駅から見えます。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
写真は、昨日(2017年4月14日)午前9時ごろ
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
ホームの上に落ちた花びらかなり写っていることからもおわかりいただけるように、そろそろ見ごろも終わりを迎えつつある感じです。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
ホームにいるのは、電車を待つ地元の人だけ・・・。“桜のトンネル”のように、この桜を目当てにやって来ている人はなく、この桜にカメラを向けている人も僕のほかには誰もなく、静寂そのものでした。

ところで、冒頭で話題に触れました「鳴滝」駅~「宇多野」駅間の“桜のトンネル”は、ライトアップは終わってしまったものの、まだこんな様子です。
北野線“桜のトンネル”
「龍安寺」駅と同じく、昨日(2017年4月14日)午前9時ごろです。さきほどの「龍安寺」駅の写真を撮った後に電車に乗り、「宇多野」駅から「鳴滝」駅方向へ向かう車内から撮ったもの
桜の名所 嵐電北野線“桜のトンネル”
平日でも嵐山へ向かう観光の人たちでかなり混雑する本線とは違い、北野線はローカル線風情が漂い、のどかです(北野天満宮が梅の見ごろを迎えるころなど、すごい混雑になることもありますが)。
北野線“桜のトンネル”
雨予報だった週間予報から一転、晴れに変わったこの週末(14・15日)の京都。今度こそ、桜を楽しめるラストチャンスの土日となりそうですね。

【アクセス】

「龍安寺」駅は、嵐電北野線の終点「北野白梅町」駅から2駅、2~3分。本線の「四条大宮」からは約30分(「帷子ノ辻」駅で乗り換えが必要)

“桜のトンネル”は、「鳴滝」駅~「宇多野」駅間で、「北野白梅町」駅を出発して6~7分後あたりに通過(逆に、本線からの乗換駅である「帷子ノ辻」駅から乗車すると、5~6分後あたりに通過)

| | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

賀茂川・北大路橋 満開の桜2017

今年はいつもより少し遅めの開花だった京都の桜(2017年4月2日「2017年はこれから!咲き始めた京の桜」)。一週間ほど過ぎ、そろそろ満開、いよいよ見ごろ・・・という頃になって、なんとも無情の雨続きでした。
それがようやく、今日(4月13日)晴れ
2017年賀茂川(北大路橋~北山大橋間) 西岸の桜
この通り、賀茂街道沿い・北大路橋~北山大橋間の西岸は見事に満開です!
2017年賀茂川(北大路橋~北山大橋間) 西岸の桜
もう少し詳しく言いますと、地下鉄「北大路」駅1番出入口(今宮通り側)付近から1分ほど東に歩いたあたりです。
2017年賀茂川(北大路橋~北山大橋間) 西岸の桜


賀茂川(北大路橋~北山大橋間) 西岸)
京都市北区(川を挟んで対岸は左京区ですがこちら側は北区)
撮影日時:2017年4月13日(木)午前8時ごろ
開花状況:満開(少し葉が出始めている木もちらほら)

ほんとに、やっと見られたなぁという感じ。

2017年賀茂川(北大路橋~北山大橋間) 西岸の桜

今年は晴れた日に賀茂川の桜を一度も見ることなく散ってしまうかもしれないなぁと思っていたましたので、喜びもひとしおです。
2017年賀茂川(北大路橋~北山大橋間) 西岸の桜

ちなみに、川を挟んで対岸は左京区になるのですが・・・

左京区側の岸は0.8キロにわたり、ヤエベニシダレザクラが「桜のトンネル」のように咲き誇る木の道(なからぎのみち)です。
2017年半木の道の桜
こちらも、もうそろそろ満開というところ。
2017年半木の道の桜
ただ東側の岸になるので、朝のこの時間(午前8~8時半頃です)は太陽が背面にあり、まだあまり光に照らされていません。

明日(4月14日)は、降水確率0%で、“時々曇り”や“のち曇り”もない、完全な晴れ予報。でも明後日15日は雨の予報で、そこからずっと雨や曇りばかりの予報です(13日17時現在)。もしかすると、京都で青空の下、満開の桜が楽しめるのは明日(4月14日)が最後かもしれませんね

【追記】
天気予報が覆りました!15・16日の土日も、青空の下、桜が楽しめるかもしれませんね


| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧