寺社四季折々

2018年4月 3日 (火)

水火天満宮の夜桜2018

2018年3月25日「京都・春の訪れ-満開のしだれ桜-」でも訪れた上京区の水火天満宮で、夜桜が楽しめるという話を聞き、昨夜(2018年4月2日)行ってみました。
すると・・・
水火天満宮の夜桜2018
こんな見事な夜桜

>> 水火天満宮

水火天満宮の夜桜2018
こんなに見事なのに、この時間帯(21時30分~22時)、ほかの人を見かけたのはわずかに3人。完全な穴場と言えるのではないでしょうか。
水火天満宮の夜桜2018
神社自体はさほど大きくありませんが、堀川通りに面しており、「天神公園前」バス停の真ん前ですので、アクセスはひじょうに良いです。
水火天満宮の夜桜2018
小さな天満宮ですが日本最初の天満宮・・・ともいわれています(石碑にも“日本最初”の文字があります)。
水火天満宮の夜桜2018
オフィシャルサイトにもこのライトアップの情報は掲載されておらず、いつまで、何時まで楽しめるのか詳細は残念ながらお伝えできないのですが、今、見頃です。

【アクセス】
市バス「天神公園前」(京都駅から9系統 西賀茂車庫行きほか)下車 すぐ
地下鉄烏丸線 「鞍馬口」駅下車 徒歩約10分

| | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

大津市 八幡神社御旅所の桜2018

ネットで調べてもほとんど情報が出てきませんので、おそらく特に知られた桜の名所というわけではないと思うのですが、10年以上前に目を奪われて以来、すごく気に入っている場所が滋賀県にあります。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
それがこちら・・・瀬田西インターチェンジから信楽方面へクルマを走らせ、滋賀県道16号大津信楽線を少しそれたところ、大津市牧2丁目付近、八幡神社御旅所の桜です。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
とにかく、人がいない。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
そして、まわりの風景がとっても広大なので、眺めていてとても癒される感じがします。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
朝のうちは、京都市内・賀茂川のあたりを自転車で走ってみました。それはそれは見事だったのですが、人の多さもすごくて、桜だけを写真に撮るのは至難の業。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
ほとんど誰もこないなか、こんな見事な桜を独り占めできるなんて最高の贅沢です。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
去年も来ているのですが、去年は4月16日に見に来ています。そのときはだいぶん葉が出てきていて、もう終わりかけているころではありましたが、それでも今年は3月のうちにこの満開はかなり早いですね。

昨年の様子はこちらです。
>> 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜

【アクセス】
大津市牧2丁目付近
県道16号線綾井橋のすこしだけ西
名神高速道路瀬田西インターチェンジより約7km、12~15分
1~2台ならばしばらくクルマを停めておいても大丈夫な感じです


| | トラックバック (1)

2018年3月25日 (日)

京都・春の訪れ-満開のしだれ桜-

京都の桜、咲き始めました!
2月上旬の記事(「2018年 京の桜はいつ咲くか 」)の時点では3月29日の開花予想が出ていましたが、だいぶん早まりまして、3月22日に開花が発表されました。丸々一週間早まった感じですね。現時点で見頃は3月28日から4月4日ごろとの予想が出ています。しかし、この開花日は標本木(京都では二条城内)のものですので、じつは本日(2018年3月25日)現在、もう満開になり見頃を迎えている桜もあります。今日は、標本木の開花日あたりに毎年、満開を迎えているしだれ桜を巡ってみました。

まずは、2018年3月25日の本満寺
満開の本満寺しだれ桜2018
見事です!ここ数年、だいたい標本木開花が見頃の合図です。
満開の本満寺しだれ桜2018
場所は京都市上京区寺町通り今出川上る。その名の通り、たくさんのお寺が並ぶ寺町通りに面しています。日曜日ですので、それなりに人はいますが、それでも「混雑」という表現は該当しないくらいの人数。穴場の部類に入るのではないでしょうか。
満開の本満寺しだれ桜2018
寺町と言いましても、四条と交わる繁華街あたりではなく、もっともっと北の方で、鉄道で言いますと京阪や叡山電鉄の出町柳」駅が最寄り駅になります。このへんにほかにあるものと言えば、下鴨神社や豆餅の出町ふたばなど・・・。地下鉄「今出川」駅からも歩けない距離ではありません。

続いてこちらは2018年3月25日の京都御苑・近衛邸跡付近
満開の京都御苑(京都御所)しだれ桜2018
こちらは京都の早咲きを代表するひとつみたいな桜。京都御苑へは地下鉄烏丸線「今出川」駅または「丸太町」駅下車 徒歩すぐ。この近衛邸跡付近へは「今出川」駅下車です。
満開の京都御苑(京都御所)しだれ桜2018
ただ、こちらはかなりの有名どころである上に、今朝の京都新聞に写真入りで「満開」の記事が出ていましたので、それなりの混雑ぶり。なかなか静かに鑑賞は難しい場所です。

こちらは2018年3月25日の水火天満宮
満開の水火天満宮しだれ桜2018
堀川北大路交差点から少し南の堀川通り沿いにあります。
満開の水火天満宮しだれ桜2018
駅だと最寄駅は地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅になります。日本最初の天満宮・・・ともいわれています
満開の水火天満宮しだれ桜2018
バスだと「天神公園前」(京都駅から市バス9系統 西賀茂車庫行きほか)下車すぐです。

最後に・・・
水火天満宮のすぐ近くですので、妙覚寺大門にも立ち寄ってみましたが・・・
満開近い妙覚寺大門しだれ桜2018
こちらは、あともうちょっとという感じでした。
ちなみに、満開だとこんな感じになります。

>> 京都の桜2015 【3】妙覚寺大門


今週、明日からの週間予報は晴れ続き、しかも気温もだいぶん高めですので、満開予想日通りソメイヨシノの満開も、きっともうすぐっぽいですね。

| | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

2018年 京の桜はいつ咲くか

今日は立春。名ばかりとは言え、暦上では「春」と名のつく季節がやってきました。そうなってくると、少し早いですが気にかかりはじめるのが、桜・・・。
今日2月4日、立春現在での京都の2018年開花予想を見てみると・・・

**********************************

開花予想日 : 2018年3月29日
満開予想日 : 2018年4月
5日


**********************************

と、なっています(ウェザーマップ の1月25日発表データを引用しています)。
これは、過去10年から見ると少し遅めですが、去年もかなり遅かったので、前年比だとほんの少しだけ早いという予想になるのだそうです。

でも、この日付の根拠となっているのは二条城の中にある予想対象(標準木)。その少し前から見ごろを迎えている桜もあります
この「京都四季折々」というブログ、けっこう長年やっておりまして、毎年の桜の写真があります。そこで、このブログで登場したことのあるスポットのうち、早めの年と遅い年が比較できる3か所の様子(近年は、いつ、どれくらい咲いていたのか)をご紹介しますね。

もちろん自然のことですし、今年がどうなるかはわかりませんので、参考程度に・・・。

【京都御苑 近衛邸跡付近】

京都御苑近衛邸付近の桜は、京都の早咲きを代表する桜のひとつではないでしょうか。
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
こちらは昨年、2017年4月2日の様子です。が、標準木同様に昨年はここの開花も遅かったです。
2017年京都御苑近衛池付近の桜
ここ数年は、だいたい3月最終週あたりには見ごろを迎えていたのが、前週の3月末に行ってみたらまだまったく咲いていなくて、一週間後に再訪したら咲いていました。

なので、もう少し前の年の様子も見てみると・・・
2016年京都御苑(京都御所)の桜
2016年は3月26日にここまで咲いています
2016年京都御苑(京都御所)の桜
2015年も同じ3月26日にここまで咲いています。自分で見た感じ、ここ数年この近衛邸付近はだいたいソメイヨシノの開花宣言あたりが見ごろの合図かなぁと思っています(個人的な感覚です)。とすると、現時点の予想通りに標準木が開花すれば3月29日あたりはみごろに・・・なるのでしょうか?
京都御苑 近衛邸跡の桜
さらに1年遡って、2014年3月29日はこんな開花状況。今年はこのあたり・・・でしょうか?

【本満寺】

こちらは上京区・出町柳から近い、本満寺
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
ここにはこんな見事なしだれ桜があります。
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
2017年は、4月2日時点でまだこんな状態でしたが・・・
2016年の本満寺しだれ桜
2016年は、3月27日の時点ですでにこの見事な満開
2016年の本満寺しだれ桜
3月末に満開か、それとも4月に入ってからか・・・今年はどうなるでしょう。

【賀茂川】

しだれが続きましたが、ソメイヨシノの様子も見てみましょう。こちらは賀茂川、出てくるのはだいたい、出雲路橋~北大路橋~北山大橋にかけての間あたりですが、このあたりも、昨年(2017年)は遅かったです。
まだつぼみ 賀茂川の桜2017
2017年は4月2日時点で、まだつぼみ
2016年賀茂川の桜(北大路)
でも、2016年は4月6日には満開でした。
2016年賀茂川の桜(北大路)
だいたい標準木がめやすになるかと思います。
賀茂川(北大路橋付近)の桜
2014年まで遡ると、4月3日の写真がありました。最初の2017年の写真と1日違いですが、ここまで違いますね。

ちなみに、同じ賀茂川でも、北大路橋~北山大橋の東岸にあたる「半木(なからぎ)の道」は、このあたりのソメイヨシノよりだいたい少し遅めです。
半木の道
約800メートル続く花のトンネルですが、こちらは2014年4月7日時点。まだもう少し・・・といった感じです。
2015年半木の道の桜
でも、翌2015年は、4月4日でこれくらいの見ごろ
賀茂川飛び石からの眺め
2015年4月4日の両岸で、右が半木の道です。
(>> 京都の桜2015 【5】半木の道

と、いったところですね。
今年の冬は寒いですが、さて、桜はどうなるでしょう?こんな風景が見られる、暖かな春が、今から待ち遠しいですね。

| | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

名残りの紅葉 大徳寺から今宮神社へ

12月に入ってほぼ一週間。京都の紅葉はほとんどの名所で見頃を終えてしまいました。しかし、まったくもうどこにも彩りはないかというとそうでもなく、今日(2017年12月6日)はまだわずかに残る紅葉を楽しむことはできました。
2017年京都 名残りの紅葉・大徳寺
こちらは今日(2017年12月6日)の大徳寺境内。陽のあたる向きや見る角度にもよるのですが、まだこんな彩りを楽しませてくれる場所も残っています。この写真は、境内の北西・龍翔寺のあたり。
ここから高桐院(本堂の屋根瓦の葺き替え工事などのため2019年3月31日まで拝観休止中)の前を過ぎ、玉林院や龍光院のほうへと歩いていくと・・・
2017年京都 名残りの紅葉・大徳寺
ここでもまだ名残りの紅葉を楽しめました。
2017年京都 名残りの紅葉・大徳寺
12月の京都は、11月と比べものにならないくらい静かです。この、ほんとに終わりかけの紅葉の寂寥感には、この静けさはなくてはならないもの。喧騒は似合いません。

2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(紫野高校向かいのイチョウ並木)
今宮門前通りに抜けると、銀杏(いちょう)のあざやかな黄色が目に入ります。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(紫野高校向かいのイチョウ並木)
ここは見事な銀杏並木なのですが、今年はもうほとんど散ってしまっていました。それでもこうしてわずかに残る銀杏が目を楽しませてくれました。2015年の記事を見てみると、12月5日時点でまだきれいに残っていたのですが・・・(2015年12月「今宮神社東門の紅葉2015 」)。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社
今宮神社東門の紅葉も、やっぱり2015年や昨年(2016年12月「今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016」)に比べると、少し早めに見ごろが終わってしまった感じがしますが、それでもまだ名残りの紅葉は楽しめます。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社
2015年の記事と同じように撮ってみたのですが、あきらかに寂しい感じではあります。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(あぶり餅店は定休日)
それでも、じゅうぶんに趣きはあります。この写真、道を挟んで両側に写っているのが“元祖”と“本家”で向かい合うあぶり餅のお店。神社の境内から東を方向を向いて、左側が「一和(いちわ)」さん、右側にあるのが「かざりや」さんです。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(あぶり餅店は定休日)
ただ、今日は定休日。門前はひっそりしていました。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社
京都の名残りの紅葉、北区紫野・大徳寺や今宮神社を見ている限りは、今度の土日(12月9日・10日)はぎりぎりいけるか、ちょっと遅いか・・・といったところでしょうか。

この2年の同時期の記事もぜひご覧ください。

2016年12月 今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016
2015年12月 今宮神社東門の紅葉2015

【アクセス】

市バス「今宮神社前」または「船岡山」下車。
駐車場の情報も含め、今宮神社のホームページに詳細が掲載されています。
>> 今宮神社

あと、少し歩いても大丈夫という方ならばこんなルートも・・・
地下鉄烏丸線「北大路」駅で降り、有人の南改札ではなく、無人の北改札から地上に出ます。すると、そこは“今宮通り”という道。その名の通り、ただひたすら西へまっすぐ20分ほど歩けば今宮神社です
階段をあがり、道路に向かった状態で左に進むことになります(もっとも、間違って反対に行ってしまってもすぐ賀茂川に出て直進はできなくなりますので、すぐ気がつきます)。

たとえば、京都駅からバスで「船岡山」バス停まで行くのと比較すると、降りてから歩く時間は倍以上になりますが、バスは遅い時はとことん遅いので、こちらのほうが早い場合があります。確実に計算した時間に着きたいならこちらの地下鉄利用ルートの方がオススメです。

| | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

曼殊院門跡-紅葉前の静寂-

10月下旬の京都は、紅葉にはまだ早いです。もちろん、ほのかに色づいている葉もあるにはありますが、紅葉目当ての観光ができるような色づきではありません。
が・・・その分、とても静かです。
曼殊院の書院から見る庭園
こちらは左京区一乗寺にある曼殊院門跡。JR東海の「そうだ、京都行こう」でも登場したことのある紅葉の有名スポットでおそらく11月に入ればすごい混雑することと思いますが、10月下旬、しかも平日ならばこの静けさ。

>> 曼殊院門跡(公式)

曼殊院門跡拝観口付近
交通機関利用の場合、最寄りのバス停から15~20分ほど坂道をのぼることになります。

まだこんなにあざやかな緑。
曼殊院門跡
しかし、なるほど紅葉したらものすごく見事なんだろうなと想像がつきます。確かに、紅葉しているところを見てみたいという気になる場所ではあります。
曼殊院門跡
この写真の左上のように、ごくごく一部、赤い葉もすでにあるにはありましたが・・・。

曼殊院の書院から見る庭園
しかし、紅葉は楽しめなくとも、こんな凛とするほどの静寂もひじょうに魅力です。逆に紅葉の時期になってしまうと、こんな誰もいない瞬間なんておそらくほとんどないのではないでしょうか。
曼殊院の書院から見る庭園
誰もいないなかひとりじめする枯山水の庭園
曼殊院の書院から見る庭園
曼殊院は幽霊の掛け軸でもよく知られていますが、もちろん撮影禁止(「撮影されますと差し障りあることがおこることがあります」という注意書きも添えられています)。
曼殊院の書院から見る庭園
のみならず、基本的に撮影禁止なのですが、この赤い毛氈からだけは撮影が許可されています(2017年10月現在の情報です)。
曼殊院の書院から見る庭園
誰にさえぎられることもない静寂・・・。
曼殊院の書院から見る庭園
今月(2017年10月)の京都は雨続きでしたが(台風も次々とやってきて・・・)、この日は見事な晴天で、ただじっと庭園を眺めているのがとても心地よかったです。
曼殊院の書院から見る庭園
小さな桂離宮”と言わる曼殊院。桂離宮との関連が深いのだとか・・・。

曼殊院の書院から見る庭園
ひとりで、ゆっくりと静かな時間を過ごすことができました。

曼殊院

【曼殊院門跡へのアクセス】

叡山電鉄「修学院」駅より徒歩約20分または市バス「一乗寺清水町」より徒歩約20分。
駐車場は無料で、普通車50台分ありますが、そこまで住宅地の中を抜ける細い道を通ることになるので運転に注意が必要です。

拝観料:大人600円

>> 曼殊院門跡(公式)

※すべて2017年10月現在の情報です。

| | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

新緑2017 高桐院と上賀茂神社にて

新緑って、なんだかいつも唐突な気がするんです。
新緑の高桐院2017
春がきて、桜に目を奪われ、散る花を惜しみ、あぁ桜が終わったなぁと思うころ、「あれ、いつの間に?」ってくらいに青々とほかの木々が生い茂っていて、季節の進みに驚かされます。道を歩いていてもあまりにあざやかなので、今日は、より一層緑があざやかそうなところを散歩してみました。

こちら、ゴールデンウィーク真っ只中、今日(2017年5月2日)の高桐院です。
新緑の高桐院2017
大徳寺の塔頭のひとつである高桐院。「そうだ 京都、行こう。」でも登場したことのあるここは、見事な緑。
新緑の高桐院2017
ゴールデンウィーク真っ只中とは言え、今日は平日だったためか、それほど人は多くありませんでした。2枚目の一直線に続く道は、混んでいる時ですと、なかなか誰も人が通っていない瞬間を撮ることはできません。

新緑の上賀茂神社2017
こちらも同じく今日(5月2日)の、上賀茂神社です。ここも新緑がまぶしかったです。5月5日には賀茂競馬(かもくらべうま)が行われます。

>> 昨年、出番を控えた馬たちを撮った記事はこちら
   2016年5月5日「上賀茂神社で湧水珈琲

ここから伝統的建造物群保存地区になっている、上賀茂神社東側の「社家町」のまちなみを歩いてみました。
新緑の上賀茂神社2017
見事な青空の下、存分に新緑を楽しんだ散歩でした。

【高桐院】


【上賀茂神社】

| | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

信楽への道で 八幡神社御旅所の桜

信楽焼で知られる滋賀県甲賀市の信楽。今日はその信楽をめざして京都からクルマを走らせました。新名神高速道路ができてからは、いっきに京都東インターから信楽インターへと走るようになりましたが、久しぶりに、瀬田西インターチェンジで名神を降りて、滋賀県道16号大津信楽線を通って信楽をめざすことにしました。

理由は、この八幡神社御旅所の桜を見るため。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
ネットで調べてもほとんど情報が出てきませんので、別に名所になっていたりするわけでもなんでもないんですが、10年ほど前に目を奪われて以来、お気に入りの場所になっています。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
まわりが麦畑なので、4月ながらもう一面が緑色になっていて、とてもあざやか。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
30分ほどここに滞在していましたが、その間にここへやってきた人はゼロ。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
だいぶん葉も出てきていて、もう見頃も終わりだなぁという感じではありましたが、誰も来ないなかこの桜を独占できるなんて、すごく贅沢な感じです。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
風が吹くたびに舞い散る花びら・・・桜のもっとも儚げなそんな風景もひとりじめです。
大津信楽線八幡神社御旅所の桜
明日(17日)の滋賀は雨予報。もしかしたら今年は今日が見納めだったかもしれません。

【アクセス】
大津市牧2丁目付近
県道16号線綾井橋のすこしだけ西
名神高速道路瀬田西インターチェンジより約7km、12~15分
1~2台ならばしばらくクルマを停めておいても大丈夫な感じです

| | トラックバック (1)

2017年4月 2日 (日)

2017年はこれから!咲き始めた京の桜

ここ数年は、だいたい3月最終週あたりには見ごろを迎えていた京都御苑・近衛邸跡付近の桜(2016年3月26日「京都の桜2016 【1】京都御苑 」)。なので、今年(2017年)もそろそろかなぁと思い先週行ってみたら、まだまったく咲いていませんでした。
それから一週間。ふたたび今日(2017年4月2日)行ってみたら・・・
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
咲き始めていました!
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
自分で見た感じ、ここ数年この近衛邸付近はだいたいソメイヨシノの開花宣言あたりが見ごろの合図かなぁと思っています。今年は3月31日にソメイヨシノの開花宣言がありましたので、そろそろ大丈夫かなぁと思って行ってみたら、案の定でした。
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
ただ、もうちょっと咲いてるかなぁとも思っていましたが・・・。でも、見事な青空を背景に咲く桜は見ごたえがありました。
2017年京都御苑近衛池付近の桜
こちらは、近衛池へとのびる花。
2017年京都御苑近衛池付近の桜
なんだか、池に向かう花が、まるで流れる滝のようです。
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
ほかのところはどんな感じかといいますと・・・

こちらは今日(2017年4月2日)現在の妙覚寺大門
妙覚寺大門の桜はまだつぼみ
2015年の記事(2015年3月31日「京都の桜2015 【3】妙覚寺大門 」)では3月31日に見ごろを迎えていましたが、今年はまだこの通り。

2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
こちらは今日(2017年4月2日)現在の本満寺
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
昨年は3月末には見事な姿でしたが(2016年3月27日「京都の桜2016 【2】本満寺 」)、今年はまだもう少しです。

まだつぼみ 賀茂川の桜2017
賀茂川にいたってはまだこんな様子。これ、出雲路橋付近の桜なんです。
まだつぼみ 賀茂川の桜2017
でも、標準木は開花して開花宣言しているだけあって、近づいてよく見てみると、もうつぼみがこんなに・・・。
まだつぼみ 賀茂川の桜2017
今年はもともと平年並みかやや遅めの開花予想でした(2017年2月7日「2017年 京の桜はいつ咲くか 」)。この時点で少し遅めの3月29日開花予想だったのが、実際はさらに2日遅い31日に開花宣言。少し遅めのスタートとなりましたが、2017年、京都の桜はいよいよこれからです。

【京都御苑へのアクセス】
京都御苑は地下鉄烏丸線「今出川」駅または「丸太町」駅下車 徒歩すぐ
今回の近衛邸跡付近へは「今出川」駅下車


| | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

晴れ渡る大晦日の京都

2016年大晦日の京都は見事に晴れ渡り、最高気温も12度ほどと平年より高めのおだやかな一日となりました(平年並みだと9度台)。
ひっそり静まる2016年大晦日の今宮神社
明日からはにぎわうであろう寺社も、今日はひっそり静か。
ひっそり静まる2016年大晦日の今宮神社
写真は今宮神社ですが、あぶり餅で有名な「一和(いちわ)」さん、かざりやさんもお休みで、今月3日の記事の時(12月3日「今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016 」)よりもさらにひっそり・・・。
ひっそり静まる2016年大晦日の今宮神社
でも、もう来年の干支の酉も登場しており、お正月を待つばかりといった雰囲気です。2015年のお正月は元日の午後からものすごい雪となり、京都では61年ぶりとなる20センチ越えの積雪となりましたが(2015年1月「61年ぶりの積雪で迎えたお正月 」)、2017年の三が日は今日と同じように最高気温が10度を超えるおだやかなお正月となりそうです。

これを書いているいま現在で、2016年も残りあと5時間ほどとなりました。
今年もたくさんの方にこのブログをご覧いただくことができました。ありがとうございました。よろしければ来年もまたのぞいてみてください。

2017年が皆さんにとって素晴らしい1年となりますように・・

| | トラックバック (0)