« 一面広がる柿畑 近江今津・深清水 | トップページ

2018-11-11

お茶の京都 宇治田原の茶畑

京都府が、古都京都とはひと味違う府内の各エリアにスポットをあてて2014年から実施しているキャンペーン「もうひとつの京都」
京都の3つの顔がピックアップされており、「海の京都」と「森の京都」と、もうひとつが「お茶の京都」で、茶生産地として長い歴史を有し、素晴らしい景観を形成する京都府南部地域にスポットが当てられています。

>> お茶の京都

宇治田原の茶畑
そんな「お茶の京都」、茶源郷とも言われる和束町の景観は有名ですが、煎茶の製造方法(青製煎茶製法)を発明した永谷宗円の生家がある宇治田原(うじたわら)町でも、こんな素晴らしい景観が広がっています。

ここからの茶園の写真はハート形の窓「猪目窓」で有名な正寿院(しょうじゅいん)の近くにある「茶農喜左衛門(さのうきざえもん)」さんの茶園。
宇治田原「茶農喜左衛門」

>> 茶農喜左衛門

宇治田原「茶農喜左衛門」
日本緑茶発祥の地・宇治田原。美しい景観が広がります。
宇治田原「茶農喜左衛門」
今回撮影した季節は秋。
宇治田原「茶農喜左衛門」
茶畑の向こうに、色づく木々も・・・。
宇治田原「茶農喜左衛門」
田んぼはもう土色の風景になってきている季節ですが、茶畑は見事に一面緑です。

ちなみにこちらが「茶農喜左衛門」さんの近くにある正寿院。最近「鶴瓶の家族に乾杯」 (黒木華さんがゲストの「秋の京都SP!黒木華と宇治田原町ぶっつけ本番旅」)でも紹介されていました(2018年10月1日放送)。風鈴まつりでも知られています。
ハート形の猪目窓で有名な正寿院

本記事で使用した写真の撮影シーズン:
秋(2018年11月11日) 時間帯:午前11時頃(1枚目のみ正午過ぎ)

【宇治田原町へのアクセス】

■公共交通機関
京阪またはJR「宇治」駅、あるいは近鉄「新田辺」駅より京都京阪バス「工業団地」「緑苑坂」「維中前」行きに乗車で宇治田原町内に到着、町内移動はコミュニティバスや町営バス利用

■クルマ
京滋バイパス「宇治西」「笠取」「南郷」から20分程度
滋賀方面からの場合、国道307号線(信楽に隣接)

|

« 一面広がる柿畑 近江今津・深清水 | トップページ

京都の絶景」カテゴリの記事

田園の絶景」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/67370866

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の京都 宇治田原の茶畑:

« 一面広がる柿畑 近江今津・深清水 | トップページ