« 美しく透明な海 京丹後間人・城島 | トップページ | 西国三十三所の絶景 観音正寺 »

2018-07-08

京都の夜空に咲く花火-乾杯の夕べ-

夏になると京都や滋賀でたくさんの花火大会があります。
滋賀では大津港一帯で夜空に花火が咲き誇る「びわ湖大花火大会」が最大で、他にも「長浜・北びわ湖花火大会」などいくつも開催されます。
京都でも「亀岡平和祭保津川市民花火大会」「京都南丹市花火大会(八木)」「あやべ水無月まつり」など、毎年数々の花火大会が実施されています。
しかし・・・いずれも京都府下での花火大会で、7~8月の間、京都“市”内となると、いわゆる“花火大会”は存在しません(5月には「京都芸術花火」が行われましたが)。

が・・・
花火大会ではないのですが打ち上げ花火を見られる“イベント”は存在しています。
2018年の「乾杯の夕べ」
それは、左京区宝ヶ池の国立京都国際会館で毎年行われている「乾杯の夕べ」というイベント。例年、7月の下旬に2日間連続で行われています(2018年7月現在の情報です)。
こちらがその様子。2018年は、1枚目の写真の通り、月と競演
国際会館で花火・乾杯の夕べ
左下にうっすら写っているのが国際会議場。こんなところで花火が上がるんです!
国際会館で花火・乾杯の夕べ
イベント自体は国際会館で行われるガーデンパーティーなんですが(チケットは大人4,000円)、こんなふうに終盤に花火が上がり、入場者でなくても周辺から見えます
国際会館で花火・乾杯の夕べ
イベントの一部ですので、10分くらいのわずかな時間で終わる花火ではあるのですが、地下鉄「国際会館」駅あたりからならば間近で見られますし、大きな花火大会のような凄まじいまでの混雑とは無縁ですので(多少の交通規制はあります)、けっこう楽しめます。
国際会館で花火・乾杯の夕べ
さきほどからの写真は、2015~2017年の「乾杯の夕べ」で、地下鉄「国際会館」駅から徒歩2~3分の場所で撮ったもの。
ただ・・・パーティーの中のプログラムですので、時間がやや曖昧です。いつもだいたい20時過ぎに打ち上げが始まっていますが、2017年の2日目、18時過ぎから雨・・・。そのためか、19時45分くらいにはあがり、20時くらいには終わっていました。「○時開始」と発表されている花火大会ではありませんので、この点は、要注意です。

国際会館に突然あがる花火
ちなみに、ここの花火はほかにも何か大きなイベントがあった場合に上がることがあり、そういったイベントは関係者しかわからないものがほとんどで、市民からすると、突然花火が上がった感じでとってもサプライズ。京都市内の北部にいて、夜8時前後に突然ぽんぽん・・・っと音が聞こえたら、国際会館の花火・・・かもしれませんよ♪

詳細はオフィシャルページでお確かめください。

>> 国立京都国際会館


本記事で使用した写真の撮影シーズン:
夏(2015~2018年7月下旬の「乾杯の夕べ」開催日) 時間帯:20時過ぎ
※最後の1枚のみ、突然上がった花火(2013年4月4日20時半過ぎ)

【アクセス】

■公共交通機関
京都市営地下鉄烏丸線「国際会館」駅下車、徒歩数分

■クルマ
京都東ICから12km、約30~40分、周囲にコインパーキングあり(ただし交通規制がありますのでイベント当日にクルマで行く際は直前の情報収集必須)


|

« 美しく透明な海 京丹後間人・城島 | トップページ | 西国三十三所の絶景 観音正寺 »

京都の絶景」カテゴリの記事

祭り・イベントの絶景」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/66916183

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の夜空に咲く花火-乾杯の夕べ-:

« 美しく透明な海 京丹後間人・城島 | トップページ | 西国三十三所の絶景 観音正寺 »