« 曼殊院門跡-紅葉前の静寂- | トップページ | にごりワインのヒトミワイナリー »

2017年11月 3日 (金)

ヒラギノフォント由来の地

ヒラギノというと、特にふだんMacを使われている方にはおなじみのフォントかと思います。ほか、なじみ深いところでは高速道路の標識も、2010年から年々、ヒラギノへ置き換えられているとか・・・。
ところでこの「ヒラギノ」の名前ですが、京都市北区の柊野(ひらぎの)に由来しています。でも、観光で京都に来られる人たちはあまり耳にしない地名ではないでしょうか。その柊野というのはどんなところかというと・・・
柊野堰堤
こんなところです。柊野とは上賀茂エリアの賀茂川(鴨川)左岸地域の名称で、この写真は柊野堰堤。流れている川は賀茂川です。上賀茂神社から見て少しだけ北西に位置します。
ヒラギノフォント由来の柊野はこんなところ
こちらは京都府立鴨川公園運動場(柊野グラウンド)のすぐ横あたり。
ヒラギノフォント由来の柊野はこんなところ
グラウンドは駐車場があり、近隣住民の野球やソフトボールでよく活用されていますが、このグラウンド付近は公共交通機関がまったくないに等しく、観光客が好んで訪れるエリアとは言い難いところです。
ヒラギノフォント由来の柊野はこんなところ
ゆえに、静かです。これから紅葉シーズン、観光客でとんでもなくごった返す京都ですが、このあたりはそんな喧騒とは無縁。
ヒラギノフォント由来の柊野はこんなところ
そしてこの水の綺麗さ・・・。
ヒラギノフォント由来の柊野はこんなところ
ちなみに、公共交通機関はまったくないに等しいと前述しましたが、正確には北大路バスターミナルから「特37」という系統のみがこの近くまで来ます。ただし、1日9便(2017年11月現在)です。
Hiragino07
柊野グラウンド付近から南を望んだ風景です。もう少し南には「柊野別れ」というバス停があります。そのあたりは京都産業大学へ行くバスが通りますので同じ「柊野」と名のつくエリアの中でも交通量も多くなります。



|

« 曼殊院門跡-紅葉前の静寂- | トップページ | にごりワインのヒトミワイナリー »

賀茂川四季折々」カテゴリの記事

川や池の風景」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/65998133

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラギノフォント由来の地:

« 曼殊院門跡-紅葉前の静寂- | トップページ | にごりワインのヒトミワイナリー »