« 余呉湖の紫陽花と田園 | トップページ | なぎさ公園プロムナードのシバザクラ »

2017-11-24

京都御苑の彩り-銀杏と紅葉-

紅葉シーズンの京都は、有名寺社やそこへ向かうバスなんかはすさまじい大混雑になっています。地元住民もけっこう通勤・通学や日常の移動で巻き込まれ、もう乗れない状態でバスが到着して積み残されることも・・・。

そんな季節でも比較的静かに秋の風情を楽しめる場所もあります。たとえばこちら・・・。
京都御苑の銀杏と紅葉
京都御苑です。地下鉄からアクセスがいいので、少なくとも予定通りの時間に辿り着くことができます。バスのように、車内の大混雑に耐えながら、渋滞でいつ着くかわからないということはありません。

>> 京都御苑

京都御苑の銀杏と紅葉
地下鉄「今出川」駅(「京都」駅から約10分)に近い乾御門から京都御苑に入ってすぐのところにはこんな立派な銀杏(イチョウ)がそびえています。
このイチョウからわずかに南東、京都御所の清所門方向へ少しだけ歩くと、ここにもイチョウが。
京都御苑の銀杏と紅葉
青空を背に、あざやかな彩りです。

もちろん、イチョウだけではありません。
京都御苑の銀杏と紅葉
紅葉だって楽しめます。
この日は祝日と土日に挟まれた平日ではありましたが、それでも紅葉シーズンのクライマックス。それなのにこんな誰の姿もない状態が撮れたりするタイミングもありました。
京都御苑の銀杏と紅葉
この静けさは、やはりものすごい敷地の広大さによるもの。
東福寺や嵐山・渡月橋付近のような、人、人、人・・・という感じにはなかなかなりません。

じつは、この記事に登場した写真はすべて「今出川」駅から徒歩1~2分の乾御門から京都御苑に入り、そこから徒歩3分くらいの範囲内のものばかり・・・すなわち、「今出川」駅から徒歩5分くらいの範囲内だけのものなんです。
ものすごく広い京都御苑。まだまだ見どころがたくさんあるはずです。

東福寺や嵐山周辺など有名どころの紅葉は確かに見事で、独特の趣きがあります。どんなに混んでいても有名どころをめざすというのもひとつの巡り方ではあると思います。
でも、ラッシュアワーのような身動きもできないくらいぎゅうぎゅう詰めのバスに京都駅から1時間以上も乗って嵐山に行くなど、そんな混雑でへとへとになるのはいやだな・・・という人には、こんな“穴場の京都”がホッとやすらげるのではないでしょうか。

本記事で使用した写真の撮影シーズン:
晩秋(2017年11月24日) 時間帯:正午前後


【アクセス】

■公共交通機関
地下鉄烏丸線「今出川」駅または「丸太町」駅下車 徒歩すぐ
今回の乾御門近辺へは「今出川」駅下車

■クルマ
こちらを参照してください


>> 京都御苑

  

|

« 余呉湖の紫陽花と田園 | トップページ | なぎさ公園プロムナードのシバザクラ »

京都の絶景」カテゴリの記事

寺社・歴史建造物の絶景」カテゴリの記事

紅葉の絶景」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/66081953

この記事へのトラックバック一覧です: 京都御苑の彩り-銀杏と紅葉-:

« 余呉湖の紫陽花と田園 | トップページ | なぎさ公園プロムナードのシバザクラ »