« 余呉湖の紫陽花と田園 | トップページ | 守山のひまわり 咲き始めました »

2017年7月22日 (土)

京都の夜空に咲く花火2017

7月19日に近畿の梅雨明けが発表され、2017年・京都の夏到来
夏真っ盛りの京都市内で、昨日と今日(7月21日と22日)は、花火があがりました。

2017年「乾杯の夕べ」
「え?でも、京都市内に花火大会なんてないけど?」と思われた方、確かにその通りなんです。亀岡や南丹など、府内に花火大会はいくつもありますが、京都市内に花火大会はありません。「じゃあ何?」となるのですが・・・
場所は左京区宝ヶ池の国立京都国際会館で、「乾杯の夕べ」というイベントで花火があがったんです。
2017年「乾杯の夕べ」

イベント自体は国際会館で行われるガーデンパーティーです。今年は乾杯の夕べ2017-地中海料理と花火で乾杯!-」として開催されたものなのですが(チケットは大人4,000円)、毎年こんなふうに終盤に2日連続で花火が上がり、入場者でなくても周辺から見ることができます
2017年「乾杯の夕べ」
イベントの一部ですので、10分くらいのわずかな時間で終わる花火ではあるのですが、地下鉄「国際会館」駅あたりからならば間近で見られますし、大きな花火大会のような凄まじいまでの混雑とは無縁ですので(多少の交通規制はあります)、けっこう楽しめます。
2017年「乾杯の夕べ」
左下にうっすら写っているのが国際会議場です。サムネイルではわかりにくいですが、拡大していただければその姿が確認できます。
打ち上げが始まるのは、毎年だいたい20時過ぎで、1日目の7月22日は今年もそれくらいの時間だったのですが・・・

2日目の今日(7月22日)、京都は18時ごろから雨・・・。
2017年「乾杯の夕べ」
そのためか、今夜はかなり早く19時45分くらいにあがりました
2017年「乾杯の夕べ」
20時には、すべて終わっていました・・・。
「○時開始」と発表されている花火大会ではありませんので、この点は、要注意ですね。

ちなみに、ここの花火はほかにも何か大きなイベントがあった場合に上がることがあり、そういったイベントは関係者しかわからないものがほとんどで、市民からすると、突然花火が上がった感じでとってもサプライズ。京都市内の北部にいて、夜8時前後に突然ぽんぽん・・・っと音が聞こえたら、国際会館の花火・・・かもしれませんよ♪

>> 国立京都国際会館



|

« 余呉湖の紫陽花と田園 | トップページ | 守山のひまわり 咲き始めました »

京の祭り・イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事