« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月20日 (土)

京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり

新緑の美しい季節。京都でも数々の新緑が美しい場所がありますが・・・
黒い床板に美しく映える閑院邸跡の「床みどり」
ここは、京都で新緑を楽しむ穴場中の穴場と言っても過言ではないのではないでしょうか。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
黒い床板に緑が映る「床みどり」は、左京区岩倉の実相院(2014年5月「京の緑-薫風の実相院と高桐院-」)が有名ですが、この写真の「床みどり」は実相院ではありません。
ここは京都御苑にある閑院宮(かんいんのみや)邸跡です。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
閑院宮邸跡は、京都御苑の長方形の左下に位置しています。なので、地下鉄烏丸線「丸太町」駅からすぐです。

京都御苑 閑院宮跡収納展示室
こちらがさきほどの「床みどり」が見られる収納展示室の建物。
京都御苑 閑院宮跡収納展示室
美しいのは「床みどり」だけではありません。
京都御苑 閑院宮跡収納展示室
ひじょうに風格の漂う閑院宮邸跡。
京都御苑 閑院宮跡収納展示室
冒頭に「穴場中の穴場」と書きましたが、「床みどり」の名所・実相院と比べると、この閑院宮邸跡にはとても驚くべきことがいくつもあります。

京都御苑 閑院宮跡収納展示室
まず、この記事の写真にまったく他の人たちの姿が写っていませんが、これは平日や朝一番の開館間もない時間の写真ではありません。土曜日の昼間です。驚くほどの人の少なさ・・・。
広大な閑院邸跡敷地
かく言う僕も、桜の季節には毎年近衛邸跡付近に行くのに(2017年4月「2017年はこれから!咲き始めた京の桜」)、実は2日前までここを知らなかったんです。2017年5月18日京都新聞 夕刊で知りました。でも、新聞に載った直後で最初の土日ですから、さすがに人が多いだろうと思っていたにもかかわらずこの静けさ。格調高き静寂の空間に、感動をおぼえました。
閑院宮邸跡の床みどり
そして、実相院の「床みどり」は撮影できませんが(禁止されています)、ここはご覧の通り撮影できます
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり
前述の通り、ものすごく人が少ないですので、こんな風に誰もいないところを撮るのもそんなに難しくありません
閑院宮邸跡は入館無料
さらに、驚いたのがこの閑院宮邸跡、入館無料なんです。
京都御苑閑院宮跡中庭
にもかかわらず、「床みどり」だけではなくこんな趣きある美しい中庭も楽しめてしまいます。
京都御苑閑院宮跡中庭
しばらくじっと座って眺めていました。
京都御苑閑院宮跡中庭

さきほどからの写真のさらに奥、宮内省所長官舎跡にも庭園があります。
京都御苑閑院宮跡 庭園2
池では、こんな鳥の姿も・・・。
Gyoen_kanin17

ゆっくりゆったりと優雅な時間を過ごしました。
京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり

京都御苑 閑院宮邸跡
休館日   月曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
参観時間 9:00~16:30 ※受付16:00まで
入場料   無料(予約不要)

2017年5月20日現在の情報です。

【アクセス】
地下鉄烏丸線「丸太町」駅 徒歩4分

| | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

新緑2017 高桐院と上賀茂神社にて

新緑って、なんだかいつも唐突な気がするんです。
新緑の高桐院2017
春がきて、桜に目を奪われ、散る花を惜しみ、あぁ桜が終わったなぁと思うころ、「あれ、いつの間に?」ってくらいに青々とほかの木々が生い茂っていて、季節の進みに驚かされます。道を歩いていてもあまりにあざやかなので、今日は、より一層緑があざやかそうなところを散歩してみました。

こちら、ゴールデンウィーク真っ只中、今日(2017年5月2日)の高桐院です。
新緑の高桐院2017
大徳寺の塔頭のひとつである高桐院。「そうだ 京都、行こう。」でも登場したことのあるここは、見事な緑。
新緑の高桐院2017
ゴールデンウィーク真っ只中とは言え、今日は平日だったためか、それほど人は多くありませんでした。2枚目の一直線に続く道は、混んでいる時ですと、なかなか誰も人が通っていない瞬間を撮ることはできません。

新緑の上賀茂神社2017
こちらも同じく今日(5月2日)の、上賀茂神社です。ここも新緑がまぶしかったです。5月5日には賀茂競馬(かもくらべうま)が行われます。

>> 昨年、出番を控えた馬たちを撮った記事はこちら
   2016年5月5日「上賀茂神社で湧水珈琲

ここから伝統的建造物群保存地区になっている、上賀茂神社東側の「社家町」のまちなみを歩いてみました。
新緑の上賀茂神社2017
見事な青空の下、存分に新緑を楽しんだ散歩でした。

【高桐院】


【上賀茂神社】

| | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »