« 賀茂川・北大路橋 満開の桜2017 | トップページ | 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜 »

2017年4月15日 (土)

嵐電北野線「龍安寺」駅の桜

嵐電、北野線、桜・・・というと、京都の桜スポットに詳しい方ならすぐに、“桜のトンネル”を思い出されることでしょう。
京福電鉄・嵐電 は「四条大宮」駅から「嵐山」駅を結ぶ本線のほか、「帷子ノ辻」駅から北野天満宮の近くの「北野白梅町」を結ぶ単線の路線があります。それが北野線なんですが、その北野線「鳴滝」駅~「宇多野」駅(2007年まで「高雄口」駅)の間は、線路の両脇が桜並木になっており、トンネルさながらの風景から“桜のトンネル”と呼ばれており、今年(2017年)はもう終わってしまいましたが、夜にライトアップも行われています。

その“桜のトンネル”を目当てに嵐電に乗られる方もおられますが・・・「龍安寺」駅の桜もなかなか風情があり、僕はいつも楽しみにしています。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
ここが、北野線「龍安寺」駅。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
その名の通り、石庭で有名な龍安寺への最寄り駅です。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
終点の「北野白梅町」駅の次が「等持院」駅(2016年2月21日「等持院-足利尊氏と夢窓国師-」)、その次がこの「龍安寺」駅です。
「等持院」駅に停車中の嵐電
駅間が短い上、見通しのいい直線なので、「等持院」駅に停車中の電車も「龍安寺」駅から見えます。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
写真は、昨日(2017年4月14日)午前9時ごろ
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
ホームの上に落ちた花びらかなり写っていることからもおわかりいただけるように、そろそろ見ごろも終わりを迎えつつある感じです。
嵐電北野線「龍安寺」駅の桜
ホームにいるのは、電車を待つ地元の人だけ・・・。“桜のトンネル”のように、この桜を目当てにやって来ている人はなく、この桜にカメラを向けている人も僕のほかには誰もなく、静寂そのものでした。

ところで、冒頭で話題に触れました「鳴滝」駅~「宇多野」駅間の“桜のトンネル”は、ライトアップは終わってしまったものの、まだこんな様子です。
北野線“桜のトンネル”
「龍安寺」駅と同じく、昨日(2017年4月14日)午前9時ごろです。さきほどの「龍安寺」駅の写真を撮った後に電車に乗り、「宇多野」駅から「鳴滝」駅方向へ向かう車内から撮ったもの
桜の名所 嵐電北野線“桜のトンネル”
平日でも嵐山へ向かう観光の人たちでかなり混雑する本線とは違い、北野線はローカル線風情が漂い、のどかです(北野天満宮が梅の見ごろを迎えるころなど、すごい混雑になることもありますが)。
北野線“桜のトンネル”
雨予報だった週間予報から一転、晴れに変わったこの週末(14・15日)の京都。今度こそ、桜を楽しめるラストチャンスの土日となりそうですね。

【アクセス】

「龍安寺」駅は、嵐電北野線の終点「北野白梅町」駅から2駅、2~3分。本線の「四条大宮」からは約30分(「帷子ノ辻」駅で乗り換えが必要)

“桜のトンネル”は、「鳴滝」駅~「宇多野」駅間で、「北野白梅町」駅を出発して6~7分後あたりに通過(逆に、本線からの乗換駅である「帷子ノ辻」駅から乗車すると、5~6分後あたりに通過)

|

« 賀茂川・北大路橋 満開の桜2017 | トップページ | 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜 »

花咲く風景」カテゴリの記事

京都の鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/65153028

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐電北野線「龍安寺」駅の桜:

« 賀茂川・北大路橋 満開の桜2017 | トップページ | 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜 »