« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月26日 (木)

平日の京都鉄道博物館でのんびり

大阪弁天町にあった交通科学博物館に展示されていた収蔵物の一部を収蔵し、2015年8月に閉館した梅小路蒸気機関車館を拡張リニューアルして2016年4月にオープンした京都鉄道博物館。昨夏に初めて行ったのですが(「京都鉄道博物館のテラスから」)、会期終了間際の企画展「THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~」(2016年10月8日~2017年1月31日)が見たくて、今日(2017年1月26日)、約半年ぶりに京都鉄道博物館を再訪しました。
京都鉄道博物館

>> 京都鉄道博物館

前回行ったときは休日だったのですが、今回は平日
行ってみて、休日では考えられないくらい空いていることにびっくりしました。これが観光シーズン真っ只中だったりすると、平日でもまた様子が違うのかもしれませんが、1月の平日の今日は、かなりゆっくりのんびりできました
平日の京都鉄道博物館本館1階・500系新幹線ほか
こちら、本館1階。休日だと、人が写らないようにこの3つの車両を撮ることはけっこう難しいですが、今日はご覧の通り。
京都鉄道博物館本館1階の500系新幹線
僕の大好きな500系のまわりも静かです。
平日の京都鉄道博物館本館1階・500系新幹線ほか
前回はかなり前から並ばないと入れなかったジオラマでの模型走行も、今日はまったく並ぶことなく入ることができました。
京都鉄道博物館ジオラマ


トワイライトプラザの「トワイライトエクスプレス」と「あさかぜ」
で、今日の目当ては寝台列車の企画展「THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~」
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
草創期からブルートレインの全盛期を経て現在に至るまでの日本における寝台列車の歴史を紹介する企画展です(2017年1月31日まで)。
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
会場は本館2階の企画展示室
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
ヘッドマークがずらりと並んでいます。
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
よく寝台特急を利用して旅に出ていましたが、なかでも「あかつき」「なは」は特によく利用していました。これらに連結されていた「デュエット」や「ソロ」というB個室が大好きでした。
そんな想い出が次々とよみがえってきます。
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
いろいろと貴重な資料も展示されています。
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~

「トワイライトエクスプレス」のグッズも並んでいます。
「日本海」には何度か乗ったのですが、「トワイライトエクスプレス」には結局乗れずじまいでした。
現役終了直前の「トワイライトエクスプレスの様子はこちら・・・
>> 「京都駅最後の寝台特急 」(2015年2月7日)
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
なつかしいものばかりが展示されているわけではありません。「これからの寝台列車」のコーナーもあります。
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
こちらは「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の模型です。
THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~
シアタールームでは、「四季島」「瑞風」「ななつ星 in 九州」の紹介映像が流れていました。

で・・・。
スカイテラスからの眺望
ここ数日、毎日のように雪がちらつく寒い日が続いていた京都ですが、今日は見事に晴れ渡り昼間は温かったので、企画展を見終えた後はスカイテラスでゆっくりのんびり。京都タワーをバックに山陰方面へ向かう特急がやってきたり・・・
スカイテラスから見る新幹線
東寺・五重塔の前を走る新幹線
スカイテラスから見る新幹線
今度は「はるか」がやってきました。
スカイテラスから見る「はるか」
こちらは比叡山と大文字を背景にして並ぶ蒸気機関車たち。
比叡山と大文字と蒸気機関車

ほんとに、前のときの混雑が嘘のような静けさで、今日は思う存分楽しむことができました。
トロッコ列車
企画展「THE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~」は2017年1月31日までです。
京都鉄道博物館の蒸気機関車たち

【アクセス】
JR「京都」駅から歩けば約20分ほどです。この博物館入口付近にJR嵯峨野線の新駅ができる予定ですが、まだもう少し時間がかかります(2017年現在)。
「バスはかなり本数が京都駅から出ていて「梅小路公園前」「梅小路公園・京都鉄道博物館前」に停まります。
こちら をご参考に・・・

 

| | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

大雪過ぎて-雪景色の京都-

京都では2017年1月14日夜から大雪警報が発令され、15日は一日中激しい雪。
雪化粧の比叡山
一夜明けた今日(2017年1月16日)は晴れ間も出て、雪を覆った比叡山が姿をあらわしました。
雪化粧の比叡山
新聞等で「数年に一度の大雪」なんて表現も目にしましたが、確かに昨冬はここまでの大雪は一度もなく、前回の京都での大雪は2015年の元日から3日にかけて。このときは20センチを超える積雪という、京都では61年ぶりとなるくらいの大雪でした。

そのときの様子はこちら
>> 「61年ぶりの積雪で迎えたお正月

雪化粧の比叡山
しかし、その“数年に一度”が今回はあまりにも日が悪かったです。1月15日は全国各地で大学入試センター試験が実施されており、受験生にとってはあまりにも非情。しかも京都は皇后杯全国女子駅伝の日でもありました。
数年に一度なんて頻度なのなら、何もこの日に当たらなくても・・・そんな気持ちになる一日でした。

雪のあとの京都では、夏には五山送り火が行われる山々も白く染まります。
白く染まる大文字
雪のあとならではの“白大文字”。
雪の西賀茂・船形
船形もこの通り真っ白です。

ちなみに夏の送り火はこんな様子です。
去年(2016年)の送り火は大雨だったため、2015年の記事です。

>> 「京の夜空に五山送り火

雪の賀茂川
賀茂川もすっかり雪景色。北山大橋から北の方向を望んだところです。
雪の賀茂川
写真は今日(1月16日)午前10時過ぎ。このときは晴れ間が出て陽が射してしましたが、このあとまた雪がちらつきはじめ、結局今日も、寒い寒い雪が降ったりやんだりの一日となりました。



| | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »