« 秋色桜並木-北山から上賀茂橋- | トップページ | 今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016 »

2016年11月26日 (土)

晩秋の西賀茂・神光院

京都で紅葉の見ごろを迎えた土日の2016年11月26日と27日。せっかくなのでどこかで紅葉を楽しみたいなと思いつつも、天気予報を見ると晴れるのは26日(土)の午前中だけ。ならばあまり移動に時間をかけず、午前中のうちに家の近くで紅葉の綺麗そうなところへ行ってみようと思い、最寄りのバス停からバスで10分ほどの、西賀茂の神光院(じんこういん)に行ってみました。
鷹峯(たかがみね)の源光庵(「源光庵-悟りの窓と迷いの窓-」2014年記事)や光悦寺も家から近いのですが、かなりの有名どころですので、平日ならまだしも土日はものすごい混雑なのではと・・・。神光院はバスの終点・西賀茂車庫のひとつ手前に「神光院前」という停留所があり、そのバス停の名前として知ってはいましたし数えきれないくらい何度も前は通っていたのですが、寺自体には立ち寄ったことがなかったのと、もしかしたら静かに紅葉が楽しめたりするのではないかと思い、行ってみることにしました。

西賀茂・神光院
そのセレクトは成功でした。こちら神光院(じんこういん)。
西賀茂・神光院
ピークは少し過ぎてしまっているようでしたが、紅葉が楽しめました
西賀茂・神光院
こちら、門前の紅葉です。
西賀茂・神光院
何よりもうれしかったのが、思った通り人の姿がほとんどなく、とても静かに、ゆっくりと楽しめたこと。ご覧のとおり、このとき観光客らしき人の姿はまったくありません
京都で有名な紅葉スポット・・・たとえば東福寺の通天橋あたり、それは名所と呼ばれるにふさわしい素晴らしさなんだろうとは思いますが、今年(2016年)は11月12~30日の間、橋の上での撮影禁止。あまりの混雑で危険だからだそうです。じつはこのあと、午後からクルマで鷹峯のあたりを通る用事があったのですが、源光庵の前のバス停はものすごい行列で、後列の人たちはもしかしたら乗り切れずに次のバスかさらにその次のバスを待つことになったのではないかと思うくらいの行列でした。
京都ぎらい (朝日新書)」 なんて本が売れてるみたいですが、紅葉シーズンと桜のシーズンは、京都人の自分でも観光地近辺を通るとき“京都ぎらい”になります。住んでる場所柄、金閣寺を通るバスに乗ることがひじょうに多いのですが、金閣寺まではラッシュアワー以上の混雑が、金閣寺から車内がガラガラになった瞬間、いつもホッとします。
西賀茂・神光院
平日の朝早くに行けるときならばそうした有名どころもいいかなと思いますが、見ごろを迎えた土日の京都の混雑はとにかくすさまじいものがありますので(外国人観光客の増えた近年は特に)、土日ならばいわゆる穴場的なところで、こうした静寂を楽しめるくらいの場所がいいなぁと思います。紅葉も然り、桜も然り。
西賀茂・神光院
境内にはこんなあざやかな木も・・・。
三大弘法のひとつ神光院
この神光院は真言宗東寺、仁和寺と並ぶ京都三大弘法として知られるお寺だそうです。境内の散策に拝観料はいりませんでした。
三大弘法のひとつ神光院
夏には厄病除けの祈祷「きゅうり封じ」(きうり加持)が行われます。
三大弘法のひとつ神光院
このあと、予報通りに午後2時くらいから雲が広がり始め、夜には雨になりました。明日(27日)の日曜日は終日雨予報。貴重な紅葉散策でした。

ちなみに・・・
西賀茂チーズで有名なパティスリーカランはここから歩いてすぐです。

>> パティスリーカラン 


【神光院へのアクセス】
市バス「神光院前」下車、徒歩2~3分です。京都駅や二条城からの9系統、四条河原町や北大路バスターミナルからの37系統、出町柳からの1系統が通っています。

>> 神光院の観光情報


|

« 秋色桜並木-北山から上賀茂橋- | トップページ | 今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016 »

寺社四季折々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/64547603

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の西賀茂・神光院:

« 秋色桜並木-北山から上賀茂橋- | トップページ | 今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016 »