« 京都の夜空に咲く花火2016 | トップページ | 2016年「乾杯の夕べ」 2日目 »

2016年7月31日 (日)

植物園 森のカフェで夏を感じる

真夏の植物園、大好きです。
ものすごい広大な敷地の京都府立植物園ですが、夏は、とにかく人が全然いません。そりゃまぁ、すごく暑い場所ですから…。

>> 京都府立植物園
Natsusyokubutsu01
しかし、この広大な園にひとの気配がほとんどなく、静けさのなかただ蝉の声だけが聴こえてくる…。夏好きには、このうえないほどの贅沢空間です。 ちなみにこれ、日曜日の写真です。
Natsusyokubutsu02
それに、暑い…と書きましたが、35度を超えるような日でも、陰にいるとじつはそんなどうしようもない暑さということはありません。普段、アスファルトの上で暮らしているなかで忘れてしまっている、ほんとの夏の肌感覚や匂いが思い出されるような気がします

Natsusyokubutsu03
大好きな夏の植物園のなかでも、特に気に入っている場所がここ、大芝生地にある「森のカフェ」です。
Natsusyokubutsu05
カフェとは言いましても北山門のところにある「IN THE GREEN」のような本格的なお店ではなく、入口で食券を買う方式ではありますが・・・
Natsusyokubutsu04
隣にとっても大きな木がそびえ、目の前には広々とした芝生が広がり、居心地のいいスペースです。
Natsusyokubutsu06
今日はこのトロピカルジュース(2016年7月現在310円)を飲みながら、ゆっくりのんびり夏の植物園の眺めを満喫しました。ちなみにアイスコーヒーは230円。
Natsusyokubutsu07
グァバかマンゴーを選ぶのですが、今日はマンゴーにしました。
Natsusyokubutsu08
営業時間は9:00~16:00(ラストオーダー15:30)。丹後の鹿を使った「森の鹿カレー」(700円)など、昼食場所としても使えます。
※営業時間や金額などはいずれも2016年7月現在

Natsusyokubutsu09
「森のカフェ」でくつろいだ後は、夏の花たちを楽しみました。
Natsusyokubutsu10
こちら、観覧温室前のスイレン
Natsusyokubutsu11
サムネイルではわからないと思いますが、花の上にとっても色あざやかなトンボがとまっています。ぜひ拡大してご覧になってみてください。
Natsusyokubutsu12
そしてやっぱり夏と言えばこの花!
Natsusyokubutsu13
立派に咲いていました。
Natsusyokubutsu14_2
バラ園の東側にある噴水付近では、ものすごく背の高いひまわりが咲いています
Natsusyokubutsu15
北山門付近にもひまわりが・・・。
Natsusyokubutsu16
今回は通常の時間に入園しましたが、7月16日~8月14日は早朝開園も実施されていて、午前7時半から入園できます(「朝顔展」開催中の7月29日~8月2日は午前7時開園)。
また、バオバブの花が咲いているときは、午前7時半~8時半の間、無料で観覧温室に入室できます

昨年の早朝開園時の様子がこちらにありますので、ぜひ併せてご覧ください。
>> 「バオバブ咲く早朝開園の植物園(2015年7月20日)


詳細はオフィシャルページにてお確かめください。
>> 京都府立植物園 

【アクセス】
京都府京都市左京区下鴨半木町
地下鉄烏丸線「北大路」駅から徒歩約10分、または「北山」駅下車すぐ
詳しくはこちら

駅から近いのは「北山」駅ですが、植物園の雰囲気を楽しむには「北大路」駅側からの入園をオススメします!この記事の1枚目の写真の並木を通って正門に至ります。

|

« 京都の夜空に咲く花火2016 | トップページ | 2016年「乾杯の夕べ」 2日目 »

花咲く風景」カテゴリの記事

京都・滋賀おすすめカフェ」カテゴリの記事

植物園・動物園・水族館」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/63992132

この記事へのトラックバック一覧です: 植物園 森のカフェで夏を感じる:

« 京都の夜空に咲く花火2016 | トップページ | 2016年「乾杯の夕べ」 2日目 »