« 上賀茂神社で湧水珈琲 | トップページ | 葵祭 緑の賀茂街道をゆく »

2016年5月13日 (金)

大田ノ沢に咲く紫の花

前回、AGFが上賀茂神社でふるまっていた“神山湧水珈琲”を話題にしましたが(5月5日「上賀茂神社で湧水珈琲」)、上賀茂神社から東へ歩いて行きますとその記事の中でもご紹介した「社家町」があり、そこからさらに東へ進んだところに、大田神社という神社があります(上賀茂神社から歩いてだいたい10分くらい)。
大田神社
ここは上賀茂神社の境外摂社なのですが・・・
大田神社・大田ノ沢
境内にこんな「大田ノ沢」と呼ばれる沢があります。
大田神社・大田ノ沢
この沢、サムネイルではわかりにくいですが、拡大してご覧いただくとところどころ紫色が点在しているのがおわかりいただけるかと思います
大田ノ沢のかきつばた
これ、杜若(カキツバタ)なんです!
大田ノ沢のかきつばた
じつはここ、約25,000株が自生しており、「大田ノ沢のカキツバタ群落」と呼ばれています。
大田ノ沢のかきつばた
国の天然記念物
にもなっています。
大田ノ沢のかきつばた
ほんとは一面のカキツバタ・・・のはずだったのですが、今年(2016年)は少し見ごろが早かったらしく、ご覧の通り、昨日(2016年5月12日)すでにもう終わりかけでした
大田ノ沢のかきつばた
前回記事の神山湧水珈琲を上賀茂神社でいただいたのが5月5日。あの日のうちにここまで足をのばしておくべきでした。珈琲飲んで、馬も見て、運よく売り切れ直前の神馬堂のやき餅を食べて満足してしまったのがいけませんでした(笑)。どうやらここの見ごろはゴールデンウィークくらいのようです。ちなみに、カキツバタ育成協力金という形で300円が必要になります(沢の入口に箱がおいてあります)。

大田神社境内
と、カキツバタはちょっと残念な結果に終わってしまったのですが、それでも新緑の境内はとても爽やか。
大田神社境内
まぶしいくらいにあざやかな緑・・・。
大田神社境内
緑に癒されます
大田神社境内タゴガエルがここにいる?
さらに、こんな興味深いものもありました。
大田神社境内タゴガエルがここにいる?
ここにタゴガエルというカエルがいるようです。「ようです」というのは、声だけはすごく聞こえてくるのですが、姿を見つけられなかったんです。
大田神社境内
カキツバタはもう終わりを迎えようとしてはいますが、上賀茂神社から社家町を抜けて大田神社まで歩いてみるのの、けっこういいものですよ!


|

« 上賀茂神社で湧水珈琲 | トップページ | 葵祭 緑の賀茂街道をゆく »

寺社四季折々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/63619888

この記事へのトラックバック一覧です: 大田ノ沢に咲く紫の花:

« 上賀茂神社で湧水珈琲 | トップページ | 葵祭 緑の賀茂街道をゆく »