« 京都の桜2016 【3】賀茂川(北大路) | トップページ | 上賀茂神社で湧水珈琲 »

2016年4月17日 (日)

大内峠一字観公園からの天橋立

日本三景のひとつ天橋立
その眺望を楽しめる場所はいくつかありますが、有名なのは傘松公園から望む「斜め一文字」と、天橋立ビューランドからの「飛龍観」ではないでしょうか。
天橋立ビューランドからの飛龍観
こちらが天橋立ビューランドからの「飛龍観」。見慣れた天橋立の写真かと思います。

しかし、この見慣れた眺望とはまた趣きの異なる眺望が楽しめる、ちょっと穴場的な眺望スポットも天橋立にはあるんです。
大内峠から見る天橋立一字観
それが与謝郡の大内峠一字観公園からの横一文字の眺め。
大内峠から見る天橋立一字観
さきほどの「斜め一文字」「飛龍観」に対し、この眺望は公園の名の通り「一字観」と呼ばれています
大内峠から見る天橋立一字観
キャンプ施設やコテージがある公園として整備されているのですが、傘松公園やビューランドと違い、入場料や駐車場代は無料なんです。
大内峠から見る天橋立一字観
写真の左側が傘松公園方向、右側がビューランド方向になります。真正面に大きな白い建物が写っていますが、こちらは栗田(くんだ)半島にある天橋立 宮津ロイヤルホテル。丹後魚っ知館(2014年6月17日「小さな水族館-丹後魚っ知館-」)や宮津市海洋つり場(2015年5月 6日 「宮津市海洋つり場」)がある半島になります。

一字観公園の様子
駐車場に隣接の芝生からもすでに一字観の眺望は見えているのですが、ここをのぼっていくと・・・
一字観公園展望台
こんな展望台もあります。
一字観公園展望台
平日だとこんな誰もいない時間もあり、天橋立の眺望をひとり占めできることも・・・。
一字観公園のコテージ
こちらが、コテージとキャンプ施設のある公園
一字観公園のコテージ
日本三景のひとつを眼下にキャンプやバーベキューが楽しめるなんて、すごい贅沢な場所ですね。

あと、天橋立というと股のぞきでの眺望が有名ですが、この公園の管理棟横を少しのぼった妙見宮にはこんな石碑が・・・。
大内峠妙見宮 股のぞき発祥の地
股のぞき発祥の地」と書かれています。
大内峠妙見宮 股のぞき発祥の地
発祥については残念ながら由来はよくわかりませんが、もう少しだけ早かったら桜越しに見える天橋立が見事だったんだろうなぁと思わせる、いい眺め。
大内峠妙見宮 股のぞき発祥の地
今までまだ一度も天橋立を見たことがないという方に一番最初に見る場所としてお勧めしたい場所・・・というよりは、傘松公園やビューランドからの眺望を制覇したことがある方にぜひこんな天橋立も楽しんでみてほしいなぁという“上級編”的穴場スポットかなと思える場所でした。

公園の詳細はこちらで・・・
>> 日本三景天橋立大内峠一字観公園

さらに丹後半島の先端まで行くと、こんな絶景も・・・
>> 丹後の絶景-かぶと山展望台-

|

« 京都の桜2016 【3】賀茂川(北大路) | トップページ | 上賀茂神社で湧水珈琲 »

海の京都(丹後)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/63495746

この記事へのトラックバック一覧です: 大内峠一字観公園からの天橋立:

« 京都の桜2016 【3】賀茂川(北大路) | トップページ | 上賀茂神社で湧水珈琲 »