« 和ガラスに抱かれて-長浜にて- | トップページ | 宮津市海洋つり場 »

2015年4月29日 (水)

長浜ヤンマーミュージアム

前回は滋賀県長浜市で開催中のTHE ALFEE坂崎幸之助さんによる和ガラス展(2015年5月6日まで)の話題でしたので(「和ガラスに抱かれて-長浜にて-」)、その流れで、今回はちょっと新しめの長浜観光スポットの話題を・・・。
長浜観光といってまずまっさきに思い浮かぶのはやはり黒壁スクエアではないでしょうか。それに長浜鉄道文化館や長浜城、竹生島といったあたりが定番観光ルートになってくるかと思います。
しかし近年、そうした今までの定番スポットとはまた違った楽しみ方ができる、新しいスポットが長浜に登場しているんです

それがこちら、2013年に開設されたヤンマーミュージアムです。
ヤンマーミュージアム
ヤンマーって・・・あのヤンマー?
ヤンマーミュージアム館内の様子Yanmar02
はい、そうなんです。
ヤン坊マー坊でおなじみ、農業機械や建設機械などの製造を行っているあのヤンマーのミュージアムです。
ヤン坊マー坊クッキー
僕が行ったときはちょうど来館者数20万人達成感謝イベントのときでしたので(4月18日・19日)、ヤン坊マー坊の絵が入った記念クッキーをいただきました(笑)。
ヤンマーミュージアムの展示
たくさん並ぶ、ホンモノの機器たちに思わず胸がときめきます(笑)。
ヤンマーミュージアムの展示
もちろんただ置いてあるだけではなく、運転席に座ってみることができます。
ヤンマーミュージアムの展示
スタッフの皆さんも、とても気さくに声をかけてくださり、いろいろとお話を聞くこともできます。
ヤンマーミュージアムの展示
農作業の変遷がよくわかり、勉強になります。
ヤンマーミュージアムの展示
社名の由来を知ることができたり・・・
ヤンマーミュージアムの展示
「ヤンマーってこんなこともしてるんだ!」というような、ちょっと意外な一面も垣間見えたり
ヤンマーミュージアムの体験コーナー
見るばかりではありません。体験できるコーナーもいくつかあります。
ヤンマーミュージアムのビオトープ
2階にはこんなビオトープと・・・
ヤンマーミュージアムの足湯
エンジンからの廃熱を利用した足湯まであります。
ミュージアムショップ&カフェ
こちらはミュージアムショップ&カフェ。ヤン坊マー坊のグッズも手に入りますよ!
ほんと、とても楽しい施設です。

ヤン坊マー坊の変遷
入口付近では、ヤン坊マー坊の変遷がひと目でわかります!
ヤン坊マー坊の変遷
中邨靖夫さんのサインと共に並ぶ歴代ヤン坊マー坊。こちらが一番最初のもので・・・
ヤン坊マー坊の変遷
こちらが一番新しいもの。服の色まで区別されていますね。

こんなヤンマーミュージアムの休館日や料金など詳細はこちら

>> ヤンマーミュージアム

ちなみに、前回の記事(「和ガラスに抱かれて-長浜にて-」)でご紹介した長浜浪漫パスポートでも、ヤンマーミュージアムに入館できますよ!このパスポートは、長浜観光で複数施設を巡るならば、使わない理由が見つからないくらい(笑)ものすごくお得なパスポートです!
長浜浪漫パスポートの詳細はこちらで・・・
>> 長浜浪漫パスポート

あと・・・
ヤンマーミュージアムとはまた別の話になりますが、新しい長浜の楽しみ方つながりということで、いっしょにご紹介したいのがこちら。2014年にはこんなものも登場しています。びわ湖ダックツアーです。これはなんと、水陸両用バスで長浜をめぐるというもの。
びわ湖水陸両用バス・ダック
街なかを走っていたバスがこんな風に琵琶湖にスプラッシュイン!!
びわ湖をクルージングする水陸両用バス
そして、船になって琵琶湖をクルージング。
ハウステンボスをはじめ、最近では各地で乗車できるこの水陸両用バスですが、2014年からは琵琶湖・長浜でも楽しめるようになっています

運行情報(運休日・料金など)びわ湖ダックツアーの詳細はこちら

>> びわ湖ダックツアー

黒壁スクエアのガラスの雰囲気、古き時代の鉄道、美しい琵琶湖・・・もともと長浜は大好きな街のひとつだったのですが、これらができて、より一層魅力的になったなぁと思います。
Nagahamayukei01
なにもせずにただこうしてボーっと琵琶湖を眺めているのもけっこう好きです。
Nagahamayukei02
同じ琵琶湖でも、なにか湖南とはまた違った雰囲気が漂います。

いよいよゴールデンウィーク。もし長浜におでかけの際はぜひこの新たなスポットもチェックしてみてください。
坂崎さんのガラス展も、5月6日までですのでゴールデンウィークならまだ見られますよ!
>> 和ガラスに抱かれて-長浜にて-

【ヤンマーミュージアムへのアクセス】
JR北陸本線「長浜」駅より徒歩約10分




|

« 和ガラスに抱かれて-長浜にて- | トップページ | 宮津市海洋つり場 »

美術館・博物館・ギャラリー」カテゴリの記事

おとなり滋賀の魅力」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/61513564

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜ヤンマーミュージアム:

» ケノーベルからリンクのご案内(2015/04/30 08:51) [ケノーベル エージェント]
長浜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2015年4月30日 (木) 08時51分

« 和ガラスに抱かれて-長浜にて- | トップページ | 宮津市海洋つり場 »