« 京都駅最後の寝台特急 | トップページ | 麗らかな大津湖岸なぎさ公園を歩く »

2015年2月25日 (水)

待合室に魚のいる駅

北近畿タンゴ鉄道栗田(くんだ)駅
ローカル線らしい風情の漂う北近畿タンゴ鉄道・栗田(くんだ)駅
栗田駅魚魚駅舎(ととすて~しょん)
簡易委託駅で一応は有人駅ではあるものの、平日の特定時間を除いては無人駅となっているこの駅にはちょっと変わったものがあります。なんと、待合室に魚がいるんです!
栗田駅魚魚駅舎(ととすて~しょん)
僕がいったときは無人の時間帯。駅員さんもお客さんも、人は誰もいませんでしたが、魚がたくさんいました(笑)。
栗田駅魚魚駅舎(ととすて~しょん)の魚
魚魚駅舎(ととすて~しょん)~栗田~と名付けられたこのミニ水族館がなぜここにあるのかというと、この栗田駅、京都府立海洋高等学校という水産系の高校の最寄駅なんです。それで、海洋高校の生徒さんたちが地元の魅力アップのためにこの「魚魚駅舎(ととすてーしょん)~栗田~」が企画されたとのこと・・・。
栗田駅魚魚駅舎(ととすて~しょん)の魚
たまたま通りかかって現地で初めてこんな駅があることを知りましたので、別の曜日・時間帯の様子はわからないのですが、北近畿タンゴ鉄道のホームページによると、開館(?)時間は下記の通りのようです。

開館日     平日のみ(土日祝は休館)
開館時間  7時30分~17時
場所        栗田駅待合室
入館料     無料
(2015年2月25日現在、北近畿タンゴ鉄道のホームページに掲載されている情報です)


由良川を渡るKTR「あかまつ」号
ちなみにこの北近畿タンゴ鉄道(略称KTR)、近年は「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」といった観光型車両が人気(こちらの写真は丹後由良駅-丹後神崎駅間の由良川を渡る「あかまつ」号)なのですが・・・
由良川を渡るKTR「あかまつ」号
じつはこの北近畿タンゴ鉄道、日本の第三セクター鉄道の中で一番赤字額が大きく、2015年4月1日から、運行会社と施設保有会社を分離する上下分離方式で再スタートすることが決まっています。
運行を担当することになったのは高速バス運行などを手がけるウィラーが設立したWILLER TRAINS株式会社。しかも、鉄道の名称も京都丹後鉄道に変更、KTRと呼んでいたのも“丹鉄”という呼び名に変わります。

すでに京都丹後鉄道としてのホームページがオープンしています。
>> 京都丹後鉄道(WILLER TRAINS株式会社)

北近畿タンゴ鉄道「あかまつ」号
日本三景のひとつ天橋立を沿線に持つこの鉄道が、4月からどんな風に変わっていくのか・・・期待したいですね!


|

« 京都駅最後の寝台特急 | トップページ | 麗らかな大津湖岸なぎさ公園を歩く »

海の京都(丹後)」カテゴリの記事

京都の鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/61195445

この記事へのトラックバック一覧です: 待合室に魚のいる駅:

« 京都駅最後の寝台特急 | トップページ | 麗らかな大津湖岸なぎさ公園を歩く »