« 静寂の京都へ-常照皇寺- | トップページ | ひと足早く夏色の賀茂川 »

2014年6月17日 (火)

小さな水族館-丹後魚っ知館-

天橋立から近い、関西電力・宮津エネルギー研究所。
その敷地に、小さな小さな水族館があります。その名も「丹後魚っ知館(たんごうおっちかん) 」。規模としてはほんとに小さな水族館なのですが、これがなかなかおもしろいんです。
旅行の行き帰り、ちょっとした立ち寄りスポットとしてもおもしろいですし、海がきれいな丹後で海水浴を楽しもう、天橋立の景観を眺めよう、そんなふうに思ってやってきたのに、雨だった・・・そんなときなんかにも楽しめる場所ですので、丹後・天橋立へ出かけるときは覚えておいてきっと損はないと思います(写真はすべて拡大できます)。
魚っ知館入口
入館料は大人300円(高校生以上)、小人150円(小・中学生)。JAFの割引が使えますので、それを使えばなんと大人240円!とても手軽に立ち寄れます。
魚っ知館大水槽
小さいとは言いましても、こんな300トンの大水槽があり、けっこう迫力があります。
魚っ知館大水槽
エイやクエなど、けっこう大きな魚もいます。
魚っ知館のハリセンボン
ハリセンボンも・・・。
魚っ知館のタカアシガニ
こちらはタカアシガニの水槽。
魚っ知館のタカアシガニ
こう向け見るとけっこうこわいです(笑)。
魚っ知館のズワイガニ
さすが丹後!おいしいズワイガニもたくさんいます(笑)。
魚っ知館円形水槽
魚が群れをつくって泳ぐ、こんな円形水槽もあります。
魚っ知館のウミガメ
ウミガメの水槽はとっても癒されます♪
魚っ知館のミノカサゴ
イメージキャラクターのウオッチ君は、ミノカサゴがモチーフです。

そして、この水族館のすごいのは・・・
魚っ知館のゴマフアザラシ
屋外のゾーンは無料で入れるというところ!
魚っ知館のゴマフアザラシ
ゴマフアザラシやペンギンのいる水槽や・・・
魚っ知館のタッチングプール
国内最大級のタッチングプールは無料なんです!
ゴマフアザラシの餌やり
さらにさらにびっくりするのが、一日に2回ほど見られるアザラシやペンギンの餌やりは、無料ゾーンで行われているんです。

ほか、屋内にも小さなお子さんが遊べるゾーンもありますよ!
いよいよ海水浴シーズンも近づいてきましたので、丹後方面へお出かけの際は、行き帰りのちょっとした立ち寄り地として、あるいは雨の日でも楽しめるスポットとして、ぜひおぼえておいてください。
宮津魚っ知館の屋外


ちなみに・・・魚っ知館は栗田(くんだ)半島の東側に位置しますが、同じ半島の西側は、宮津湾を挟んで天橋立の対岸にあたります。低い位置から撮ったのでわかりにくいですが、栗田半島西側から天橋立を望むとこんな感じです(サムネイルではまったくわかりませんが、拡大していただくと、うっすらと松林のシルエットが見えるかと思います)。
栗田半島から見た天橋立

丹後 魚っ知館
開館時間 : 9:00~17:00
休館日   : 水曜日・木曜日(祝日の場合は翌営業日)、年末年始(12/29~1/3)
入場料    :  大人300円(高校生以上)、小人150円(小・中学生)

※2014年6月現在の情報です。



北近畿タンゴ鉄道(2015年4月より京都丹後鉄道)「宮津駅」下車、タクシーで約15分。
京都縦貫自動車道「宮津天橋立I.C」下車約20分。

詳しくはこちら
>> 関西電力宮津エネルギー研究所 丹後魚っ知館

また、この近所にはちょっと変わったこんな駅も・・・
>> 待合室に魚のいる駅

|

« 静寂の京都へ-常照皇寺- | トップページ | ひと足早く夏色の賀茂川 »

海の京都(丹後)」カテゴリの記事

植物園・動物園・水族館」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/59832904

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな水族館-丹後魚っ知館-:

« 静寂の京都へ-常照皇寺- | トップページ | ひと足早く夏色の賀茂川 »