« 京都の桜2014 【5】半木の道 | トップページ | 京の三大奇祭-やすらい祭- »

2014年4月10日 (木)

一日乗車券活用!お得に京都観光

桜満開、春爛漫の京都。このブログでも5回にわたって「京都の桜2014」をご紹介してきましたが(「京都の桜2014【5】半木の道」ほか)、観光で来られている方の姿もとても多い季節になってきました。
しかし、4月からの消費増税。京都のバスや地下鉄、もともと割高だったところへ消費増税で主要な区間はさらに10円上乗せになって観光するのも負担アップ・・・。
そんななか今日は、京都観光に使える、買い方もシンプルで、かつお得度が高いチケットをご紹介します

それは・・・ずばり、“1日乗車券”です。
嵐電も乗れるものとか、2日間有効のものとか、いろいろとバリエーションはあるのですが、今回ご紹介するのはシンプルに、地下鉄の1日乗車券と、バスの1日乗車券です
「え?ただそれだけ?」と、何のひねりもなく裏ワザでもないように思われるかもしれませんが、京都においては、1日乗車券はあなどれません。消費増税で普通運賃は上がったのに、1日乗車券は据え置きでしたので、4月からはなおさらお得感がアップしています。

まずは「市営地下鉄1dayフリーチケット(地下鉄1日乗車券)」です。

発売額】  おとな600円 こども300円
【発売箇所】 地下鉄各駅窓口など

(自動券売機では購入できませんのでご注意ください)

地下鉄の普通運賃、初乗りは210円で据え置きになったのですが、利用することの多い2区250円が260円になるなど、消費増税で多くの区間は10円アップになりました。しかしこのチケットは増税前と同じ600円のまま。相互乗り入れしている京阪や近鉄を除く、地下鉄の区間は全線有効です。これ、600円で乗り放題ってかなりお得なんですよ
たとえば、桜でも有名な醍醐寺。
最寄駅は東西線の「醍醐」駅ですが、「京都」駅からの普通運賃は320円。往復すれば640円。すなわち、ただ往復するだけで、もう元が取れるんです。ふつうこういった類のチケットって3回乗れば元が取れるような計算になっていて、往復だけではふつうに乗る方が安いことが多いように思うのですが、このチケットは区間によっては往復するだけですでにお得になります
しかも、二条城、京都文化博物館、京都市動物園、京都市美術館、無鄰菴、京都国際マンガミュージアム、弥栄会館ギオンコーナー、京都水族館、よしもと祇園花月、京都府立植物園などに優待割引料金で入場できます(小児券では適用されない施設がありますので、京都市交通局ウェブサイトでお確かめください)。

>> 市営地下鉄1dayフリーチケット(地下鉄1日乗車券)

二条城二の丸庭園
こちら、優待施設のひとつ二条城。徳川慶喜の大政奉還で知られる二条城二の丸御殿横の二の丸庭園です。
京都水族館
京都水族館も優待割引(1割引)で入場できてしまいます!
京都水族館
京都水族館はJAFの優待割引もありませんし(2014年4月現在)、1dayフリーチケットは京都水族館に割引で入場できる数少ない方法のひとつです
京都市動物園もうじゅうワールド
こちらも優待施設の京都市動物園。“もうじゅうワールド”ではライオンをこんなに間近で見ることも・・・。

【追記 2016年】
京都鉄道博物館の500系ほか
京都鉄道博物館も優待施設になりました。
(>> 「京都鉄道博物館のテラスから」)

続いてはバスの「1日乗車券カード」です。

【発売額】    おとな500円 こども250円
【発売箇所】 市バス・地下鉄案内所,市バス営業所,市バス車内 など

(こども券を扱っていない発売箇所もありますのでご注意ください)

これは、均一区間内ならば市バスも京都バスも乗り放題になるチケット。
バスも普通運賃は均一区間が220円から230円に上がりました。しかし、このカードは500円のまま据え置き。地下鉄のように、往復だけで元が取れるということはありませんが、2回乗車で460円ですので、500円で1日中乗れるのはかなりお得です
嵐山
しかも!以前にも一度ご紹介しましたが(2014年春からお得な嵐山観光情報)、これまで均一区間外だった嵐山エリアが2014年3月から均一区間になり、嵐山エリアでも使えるようになっています。さらに、均一区間内であれば、これまでは使えなかった京都バス(京都市営とは別の民間バス)でも利用できるようになったんです!嵐山エリアは京都バスの本数が多いですので、これはかなりお得かと思います。ぜひ、以前の記事もご参照ください。
>>  2014年春からお得な嵐山観光情報(2014年2月11日)

一日乗車券カードの詳細はこちら
>> 市バス・京都バス一日乗車券カード

【追記 2016年】
2016年3月19日から、この乗車券カードがさらにパワーアップしました!
これまでは区間外だった岩倉・修学院地域まで利用可能範囲が拡大し、京都バスの均一運賃区間全線でも利用可能に!
これで詩仙堂などが区間内に入りました。

10月の宝ヶ池と比叡山
宝ヶ池も均一区間内に・・・。

これ、でも地下鉄の1日乗車券なら地下鉄、バスの1日乗車券ならバスしか使えないのでは・・・とのご指摘もあろうかと思います。
それはその通りです。ただ・・・観光バスのように駆け足でめぐるのではなく、自分のペースで京都を巡ろうとしたら、1日のうちに回れる場所なんて、そう何カ所もありません。今日は地下鉄沿線、あるいはバス沿線と、ポイントを絞って回ってみるのも悪くないのかなと思います。ただ、ゴールデンウィーク真っ只中や紅葉シーズンの連休中など、道路の混雑・渋滞が著しいときなんかは、せっかく京都に来て、多大なる時間を渋滞に巻き込まれてつぶしてしまうくらいなら、行き先に応じて電車を利用するほうがいいこともあるかとは思います。テーマパークのパスポートと同様に、混み過ぎるとどうしようもないことはあるとは思いますが・・・。


こちらも弥栄会館ギオンコーナー,京都水族館,よしもと祇園花月,小倉百人一首殿堂時雨殿,東映太秦映画村,京都鉄道博物館での優待割引があります(弥栄会館ギオンコーナーは大人券のみ)。

1日乗車券を使って、ぜひお得に京都観光を楽しんでください!

|

« 京都の桜2014 【5】半木の道 | トップページ | 京の三大奇祭-やすらい祭- »

お得な切符」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511212/59441690

この記事へのトラックバック一覧です: 一日乗車券活用!お得に京都観光:

« 京都の桜2014 【5】半木の道 | トップページ | 京の三大奇祭-やすらい祭- »