2018年6月 4日 (月)

京都府北端 丹後町は絶景の宝庫

京都府最北端のまち、京丹後市丹後町。同じ京丹後市内でも網野や久美浜エリアは延々続くロングビーチ、鳴き砂の琴引浜、小天橋砂州など、砂が作り出す海岸美が多々見られますが、山陰海岸ジオパークの東端にもあたる丹後町は岩石が作り出す風景が魅力。絶景の宝庫です。
有名どころの経ヶ岬や、立岩、屏風岩をはじめ、丹後町内のいたるところが絶景なのですが、昨日(2018年6月3日)まだ行ったことのなかったエリアへ行ってみました。
丹後町・城島(城嶋)公園
それがこちら、波食台が広がる間人(たいざ)城島公園付近。城島(城嶋)散策に利用できる駐車場の真ん前あたりの海岸です。間人は、“間人ガニ”で有名なあの間人です。
丹後町・城島(城嶋)公園
道路標識では「城島」と表記されていましたが、「城嶋」との表記も多く見られます(読みは「しろしま」)。
この付近、とにかく水が美しいのなんの・・・
丹後町・城島(城嶋)公園
見てください、この透明さ!
丹後町・城島(城嶋)公園
でも、深いところではこんな緑に・・・
丹後町・城島(城嶋)公園
城島は、その名の通りかつて城のあった、周囲4キロほどの島です。
丹後町・城島(城嶋)公園
この橋で島に渡れます。
そして、遊歩道がありますのでぐるっと一周することができます。この鳥居の向こうへ歩いて行くと・・・
丹後町・城島(城嶋)公園
こんな景色が広がります。このあたりも驚きの透明さ
丹後町・城島(城嶋)公園
城島と丹後半島をつなぐ橋の付近はこんな港町。

丹後町内、別のエリアの風景ももう少し・・・。
京丹後・立岩
有名どころの立岩を横目に、丹後半島を東へ・・・

屏風岩周辺の絶景
屏風岩のすぐ近くなんですが、敢えて屏風岩ではない方向です。
屏風岩周辺の絶景
海の色が青すぎます!
屏風岩周辺の絶景
さきほどからの写真は国道178号線沿いの、屏風岩展望台からそう遠くありません。
屏風岩周辺の絶景
そして、美しいのは海だけにあらず。
屏風岩周辺の絶景
田園にも目を奪われます。


海沿いをドライブするときは、よそ見に気をつけないほど、丹後町はほんとに絶景の宝庫です。

>> ユネスコ世界ジオパーク 山陰海岸ジオパーク(京丹後エリア)


城島公園

| | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

京都府立植物園のバイカモ(梅花藻)

梅花藻(ばいかも)というと、滋賀県醒ヶ井が有名ですね(2017年8月28日「清流の水中花-醒ヶ井の梅花藻-」)。その名の通りウメに似た花を咲かせる梅花藻は、透明度が高い水中でしか生育できず、生育の南限は近畿地方で、京都府ではすでに絶滅しているそうなのですが、京都府立植物園で約10年前から試験栽培されており、この季節、小さく可憐な水中花を植物園で楽しむことができます
京都府立植物園のバイカモ
こちらは今日(2018年5月27日)の写真です。
京都府立植物園のバイカモ
小さく、かわいらしく咲いていました。
京都府立植物園のバイカモ
植物園での試験栽培ですので、醒ヶ井のように清流に沿って広範囲で見られるわけではなく、これだけのごく限られたエリアですが、それでも水中に咲くこの可憐な花はとても清涼感があります。
京都府立植物園のバイカモ
見頃は、今月(5月)いっぱいくらいのようです。
広い園内のどのあたりに咲いているかと言いますと、北山通りに面した賀茂川門の近くです。

マップはこちら・・・
>> 京都府立植物園

植物園「四季 彩の丘」
ここは賀茂川門近くの「四季 彩の丘」
植物園「四季 彩の丘」
花壇に色あざやかな花が咲き誇り大きな観覧温室が見える正門や、入ってすぐに噴水があり冬にはイルミネーションが見事なトウカエデがそびえる北山門に比べると、賀茂川門付近はやや地味なエリアで、人の姿はあまりありません。
ここから入園すると、バイカモはすぐ近くです。

梅花藻を見た後は、せっかく来たので園内をぐるっと一周。
京都府立植物園正門付近
こちらは正門付近で・・・
京都府立植物園のクスノキ並木
クスノキ並木は緑まぶしい季節。

5月の植物園では、こちらを見逃すわけにはいきません。
京都府立植物園のバラ園
ばら園です。さまざまな色のばらが咲き誇っています。
京都府立植物園のバラ園
一面に広がる甘い香り。奥にそびえているのは比叡山です。
京都府立植物園のバラ園
楽園を思わせる風景・・・。

京都府立植物園アジサイ園付近
アジサイ園の近くでは・・・
カモ
カモがのんびり佇んでいました。

アクセスなど、詳細は公式サイトで・・・
>> 京都府立植物園

地図は、梅花藻に近い賀茂川門のあたりのものです。公共交通機関からは、正門や北山門の方がアクセスが良いです。


| | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

棚田百選 高島市畑(はた)の棚田

ゴールデンウィークに入り、田植えの風景をよく見かけるようになりました。すなわち、水を湛えた田園が美しい季節。広大な田園も美しいですが、水を湛えた棚田もひじょうに美しい景観を生み出します。京都・滋賀にもいくつもの棚田がありますが・・・
高島市畑(はた)地区の棚田
こちらは昨日(2018年5月1日)の滋賀県高島市畑(はた)という地区の棚田。
高島市畑(はた)地区の棚田
幾重にも連なる田が、美しい景観を作り出します。
高島市畑(はた)地区の棚田
農林水産省が「棚田百選」というものを選出していますが、滋賀県からはこの高島市畑が唯一の選出です。
高島市畑(はた)地区の棚田
滋賀県からの選出はここだけですが、滋賀県内、ほかにも棚田が見事な景観はあります。
たとえば伊香立。ぜひこちらの記事もご覧になってみてください(2015年5月13日「水を湛え空を映す-伊香立の棚田-」)。
高島市畑(はた)地区の棚田
高島市畑(はた)への行き方はクルマの場合、国道161号線から勝野で県道296号線へ。そこからその県道を走り続ければ辿り着けます。
高島市畑(はた)地区の棚田
アクセスなど詳しくは、高島市の観光情報サイトに出ています。

>> 高島市観光情報

高島市畑(はた)地区の棚田

山を隔てて向こう側は朽木になります。
高島市畑(はた)地区の棚田

ところどころ、まだ水の入っていない田がありました。ゴールデンウィーク後半はさらに美しい風景になるのかもしれません。
高島市畑(はた)地区の棚田
この棚田の標高差は100メートルに及び、359枚の田があります(高島市ウェブサイト/2018年)。
高島市畑(はた)地区の棚田
田の水面のすぐ向こうに、家の屋根。幾重もの階層が生み出すちょっと不思議な光景ですね。


高島市畑(はた)地区の棚田
カエルの鳴き声が響きます。
高島市畑(はた)地区の棚田
また違う季節に見てみたいと思う風景でした。
高島市畑(はた)地区の棚田


高島市の田園風景
ちなみに、こちらは畑(はた)地区よりも少し標高が低い地区の風景。畑へ向かう道も、とっても美しい田園風景がずっとずっと続いていました。

アクセスなど詳しくは、高島市の観光情報サイトで・・・

>> 高島市観光情報


| | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

なぎさ公園プロムナードのシバザクラ

なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
大津市のなぎさ公園「なぎさのプロムナード」で、シバザクラが一面に咲き誇っています
なぎさプロムナードのシバザクラ
こちらが今日(2018年4月21日)の様子
なぎさプロムナードのシバザクラ
快晴の空の下で一面に咲くシバザクラは見事のひとこと。
なぎさプロムナードのシバザクラ
一面のピンク絨毯の向こうには琵琶湖や比良の山々。絶景ですね。

なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
さらに、琵琶湖汽船が運航するミシガンもこの風景を彩ります。
なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
みるみる近づいてきます!
なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
このミシガン、京阪「浜大津」駅近くの大津からの出航なのですが、におの浜観光港にも停船するため、一面にシバザクラ咲き誇るエリアのすぐ近くまでやってきます。
なぎさプロムナードシバザクラと琵琶湖汽船ミシガン
ミシガンの詳細は、下記URL(琵琶湖汽船ウェブサイト)へ・・・。

>> 琵琶湖汽船公式 

琵琶湖汽船のミシガン・におの浜観光港付近
港を離れていくミシガン・・・。
なぎさプロムナードのシバザクラ
浜大津側からの経路で言いますと、なぎさ通りをびわ湖ホールを越えて、「におの浜一」を左折、アヤハディオを過ぎた県立武道館の前あたりからシバザクラの花壇が始まり、びわ湖大津プリンスホテルのあたりまで続きます(滋賀県大津市におの浜3丁目~4丁目) 。
なぎさプロムナードのシバザクラ
付近にコインパーキング(プロムナード駐車場)があり、1時間まで 210円/2時間まで 320円/3時間まで 430円以降30分ごとに210円・・・という料金設定です(2018年4月現在)。
なぎさプロムナードのシバザクラ
公共交通機関なら、京阪「石場」駅や、JR「膳所」駅から徒歩圏です。

なぎさ公園の公式サイトはこちらです。

>> 大津湖岸なぎさ公園 | おおつのこうえんネット

 

| | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

水火天満宮の夜桜2018

2018年3月25日「京都・春の訪れ-満開のしだれ桜-」でも訪れた上京区の水火天満宮で、夜桜が楽しめるという話を聞き、昨夜(2018年4月2日)行ってみました。
すると・・・
水火天満宮の夜桜2018
こんな見事な夜桜

>> 水火天満宮

水火天満宮の夜桜2018
こんなに見事なのに、この時間帯(21時30分~22時)、ほかの人を見かけたのはわずかに3人。完全な穴場と言えるのではないでしょうか。
水火天満宮の夜桜2018
神社自体はさほど大きくありませんが、堀川通りに面しており、「天神公園前」バス停の真ん前ですので、アクセスはひじょうに良いです。
水火天満宮の夜桜2018
小さな天満宮ですが日本最初の天満宮・・・ともいわれています(石碑にも“日本最初”の文字があります)。
水火天満宮の夜桜2018
オフィシャルサイトにもこのライトアップの情報は掲載されておらず、いつまで、何時まで楽しめるのか詳細は残念ながらお伝えできないのですが、今、見頃です。

【アクセス】
市バス「天神公園前」(京都駅から9系統 西賀茂車庫行きほか)下車 すぐ
地下鉄烏丸線 「鞍馬口」駅下車 徒歩約10分

| | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

大津市 八幡神社御旅所の桜2018

ネットで調べてもほとんど情報が出てきませんので、おそらく特に知られた桜の名所というわけではないと思うのですが、10年以上前に目を奪われて以来、すごく気に入っている場所が滋賀県にあります。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
それがこちら・・・瀬田西インターチェンジから信楽方面へクルマを走らせ、滋賀県道16号大津信楽線を少しそれたところ、大津市牧2丁目付近、八幡神社御旅所の桜です。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
とにかく、人がいない。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
そして、まわりの風景がとっても広大なので、眺めていてとても癒される感じがします。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
朝のうちは、京都市内・賀茂川のあたりを自転車で走ってみました。それはそれは見事だったのですが、人の多さもすごくて、桜だけを写真に撮るのは至難の業。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
ほとんど誰もこないなか、こんな見事な桜を独り占めできるなんて最高の贅沢です。
大津市牧 八幡神社御旅所の桜2018
去年も来ているのですが、去年は4月16日に見に来ています。そのときはだいぶん葉が出てきていて、もう終わりかけているころではありましたが、それでも今年は3月のうちにこの満開はかなり早いですね。

昨年の様子はこちらです。
>> 信楽への道で 八幡神社御旅所の桜

【アクセス】
大津市牧2丁目付近
県道16号線綾井橋のすこしだけ西
名神高速道路瀬田西インターチェンジより約7km、12~15分
1~2台ならばしばらくクルマを停めておいても大丈夫な感じです


| | トラックバック (1)

2018年3月25日 (日)

京都・春の訪れ-満開のしだれ桜-

京都の桜、咲き始めました!
2月上旬の記事(「2018年 京の桜はいつ咲くか 」)の時点では3月29日の開花予想が出ていましたが、だいぶん早まりまして、3月22日に開花が発表されました。丸々一週間早まった感じですね。現時点で見頃は3月28日から4月4日ごろとの予想が出ています。しかし、この開花日は標本木(京都では二条城内)のものですので、じつは本日(2018年3月25日)現在、もう満開になり見頃を迎えている桜もあります。今日は、標本木の開花日あたりに毎年、満開を迎えているしだれ桜を巡ってみました。

まずは、2018年3月25日の本満寺
満開の本満寺しだれ桜2018
見事です!ここ数年、だいたい標本木開花が見頃の合図です。
満開の本満寺しだれ桜2018
場所は京都市上京区寺町通り今出川上る。その名の通り、たくさんのお寺が並ぶ寺町通りに面しています。日曜日ですので、それなりに人はいますが、それでも「混雑」という表現は該当しないくらいの人数。穴場の部類に入るのではないでしょうか。
満開の本満寺しだれ桜2018
寺町と言いましても、四条と交わる繁華街あたりではなく、もっともっと北の方で、鉄道で言いますと京阪や叡山電鉄の出町柳」駅が最寄り駅になります。このへんにほかにあるものと言えば、下鴨神社や豆餅の出町ふたばなど・・・。地下鉄「今出川」駅からも歩けない距離ではありません。

続いてこちらは2018年3月25日の京都御苑・近衛邸跡付近
満開の京都御苑(京都御所)しだれ桜2018
こちらは京都の早咲きを代表するひとつみたいな桜。京都御苑へは地下鉄烏丸線「今出川」駅または「丸太町」駅下車 徒歩すぐ。この近衛邸跡付近へは「今出川」駅下車です。
満開の京都御苑(京都御所)しだれ桜2018
ただ、こちらはかなりの有名どころである上に、今朝の京都新聞に写真入りで「満開」の記事が出ていましたので、それなりの混雑ぶり。なかなか静かに鑑賞は難しい場所です。

こちらは2018年3月25日の水火天満宮
満開の水火天満宮しだれ桜2018
堀川北大路交差点から少し南の堀川通り沿いにあります。
満開の水火天満宮しだれ桜2018
駅だと最寄駅は地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅になります。日本最初の天満宮・・・ともいわれています
満開の水火天満宮しだれ桜2018
バスだと「天神公園前」(京都駅から市バス9系統 西賀茂車庫行きほか)下車すぐです。

最後に・・・
水火天満宮のすぐ近くですので、妙覚寺大門にも立ち寄ってみましたが・・・
満開近い妙覚寺大門しだれ桜2018
こちらは、あともうちょっとという感じでした。
ちなみに、満開だとこんな感じになります。

>> 京都の桜2015 【3】妙覚寺大門


今週、明日からの週間予報は晴れ続き、しかも気温もだいぶん高めですので、満開予想日通りソメイヨシノの満開も、きっともうすぐっぽいですね。

| | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

2018年 京の桜はいつ咲くか

今日は立春。名ばかりとは言え、暦上では「春」と名のつく季節がやってきました。そうなってくると、少し早いですが気にかかりはじめるのが、桜・・・。
今日2月4日、立春現在での京都の2018年開花予想を見てみると・・・

**********************************

開花予想日 : 2018年3月29日
満開予想日 : 2018年4月
5日


**********************************

と、なっています(ウェザーマップ の1月25日発表データを引用しています)。
これは、過去10年から見ると少し遅めですが、去年もかなり遅かったので、前年比だとほんの少しだけ早いという予想になるのだそうです。

でも、この日付の根拠となっているのは二条城の中にある予想対象(標準木)。その少し前から見ごろを迎えている桜もあります
この「京都四季折々」というブログ、けっこう長年やっておりまして、毎年の桜の写真があります。そこで、このブログで登場したことのあるスポットのうち、早めの年と遅い年が比較できる3か所の様子(近年は、いつ、どれくらい咲いていたのか)をご紹介しますね。

もちろん自然のことですし、今年がどうなるかはわかりませんので、参考程度に・・・。

【京都御苑 近衛邸跡付近】

京都御苑近衛邸付近の桜は、京都の早咲きを代表する桜のひとつではないでしょうか。
2017年京都御苑近衛邸跡付近の桜
こちらは昨年、2017年4月2日の様子です。が、標準木同様に昨年はここの開花も遅かったです。
2017年京都御苑近衛池付近の桜
ここ数年は、だいたい3月最終週あたりには見ごろを迎えていたのが、前週の3月末に行ってみたらまだまったく咲いていなくて、一週間後に再訪したら咲いていました。

なので、もう少し前の年の様子も見てみると・・・
2016年京都御苑(京都御所)の桜
2016年は3月26日にここまで咲いています
2016年京都御苑(京都御所)の桜
2015年も同じ3月26日にここまで咲いています。自分で見た感じ、ここ数年この近衛邸付近はだいたいソメイヨシノの開花宣言あたりが見ごろの合図かなぁと思っています(個人的な感覚です)。とすると、現時点の予想通りに標準木が開花すれば3月29日あたりはみごろに・・・なるのでしょうか?
京都御苑 近衛邸跡の桜
さらに1年遡って、2014年3月29日はこんな開花状況。今年はこのあたり・・・でしょうか?

【本満寺】

こちらは上京区・出町柳から近い、本満寺
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
ここにはこんな見事なしだれ桜があります。
2017年咲き始めた本満寺のしだれ桜
2017年は、4月2日時点でまだこんな状態でしたが・・・
2016年の本満寺しだれ桜
2016年は、3月27日の時点ですでにこの見事な満開
2016年の本満寺しだれ桜
3月末に満開か、それとも4月に入ってからか・・・今年はどうなるでしょう。

【賀茂川】

しだれが続きましたが、ソメイヨシノの様子も見てみましょう。こちらは賀茂川、出てくるのはだいたい、出雲路橋~北大路橋~北山大橋にかけての間あたりですが、このあたりも、昨年(2017年)は遅かったです。
まだつぼみ 賀茂川の桜2017
2017年は4月2日時点で、まだつぼみ
2016年賀茂川の桜(北大路)
でも、2016年は4月6日には満開でした。
2016年賀茂川の桜(北大路)
だいたい標準木がめやすになるかと思います。
賀茂川(北大路橋付近)の桜
2014年まで遡ると、4月3日の写真がありました。最初の2017年の写真と1日違いですが、ここまで違いますね。

ちなみに、同じ賀茂川でも、北大路橋~北山大橋の東岸にあたる「半木(なからぎ)の道」は、このあたりのソメイヨシノよりだいたい少し遅めです。
半木の道
約800メートル続く花のトンネルですが、こちらは2014年4月7日時点。まだもう少し・・・といった感じです。
2015年半木の道の桜
でも、翌2015年は、4月4日でこれくらいの見ごろ
賀茂川飛び石からの眺め
2015年4月4日の両岸で、右が半木の道です。
(>> 京都の桜2015 【5】半木の道

と、いったところですね。
今年の冬は寒いですが、さて、桜はどうなるでしょう?こんな風景が見られる、暖かな春が、今から待ち遠しいですね。

| | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

ラ コリーナのカステラ店へ・・・

ラ コリーナ近江八幡
屋根一面が柴におおわれたメインショップをはじめ、たねやとバームクーヘンのCLUB HARIE(クラブハリエ)の和洋菓子ショップやカフェなどが並ぶ、近江八幡の・・・というか、滋賀の人気スポットです。
ラ コリーナ メインショップ外観
以前もここのことをこのブログで書いたことがあります(「ラ コリーナ近江八幡 CLUB HARIE」2015年11月3日)。その頃からすでに人気スポットではありましたが、さらに有名なスポットになりましたね。

以前の記事を書いたとき(「ラ コリーナ近江八幡 CLUB HARIE」(2015年11月3日)、その記事のなかで

しかも、これで完成形ということではなく、これから本社施設ができたり、カステラ専門店ができたりと、ますます形を変えていく、大きな大きな構想の店舗なのだそうです。

と書いていました。

そのカステラ専門店が2016年7月に完成していたのですが、その後まだそちらには行ったことがなかったので、今日(2018年1月7日)は同じ敷地内にあるそのカステラショップのほうに行ってみました。
ラ コリーナ カステラショップ「栗百本」
こちらがその、ラ コリーナ近江八幡のカステラショップ
ラ コリーナ カステラショップ「栗百本」
木がとても印象的な建物です。オフィシャルサイトによると、百本以上の栗の木が使われているとのことです。
ラ コリーナ カステラショップ「栗百本」
そして、こちらがカステラ
メインショップの2階にカフェがありますが、それとはまた別にこちらのカステラショップ店内にもカフェがあり、しっとりとした「カステラ」、ふっくらと焼きあがった「八幡カステラ」のほか、カステラと同じ新鮮な卵を使った「オムライス」などが用意されています。
八幡カステラ
ちなみに今日は「八幡カステラ」を買って帰りました(写真には2つしか写っていませんが、実際は3個入りの商品です)。
ラ コリーナで購入した八幡カステラ
ほんとにふっくらと、なんとも言えぬ絶妙の味と食感でした。

念願のカステラを手に入れ、すっかり満足・・・したのですが、なんせ美しく広大な敷地。ゆっくりと散策してみました。
たねやグループ本社の美しい建築
こちらが、カステラショップオープンとほぼ同じころ、2016年6月に移転してこられたたねやグループ本社です。
たねやグループ本社の美しい建築
なんとも美しい建築。
たねやグループ本社の美しい建築
お店ではなく“本社”ですのでこの建物に一般客は入れませんが、目を奪われます。
たねやグループ本社の美しい建築


広大なラ コリーナ
こちらの写真は、左が本社、中央がカステラショップ、右がメインショップ
広大なラ コリーナ

そのほか、フードガレージにはギフトショップなどがあります。
今後もさらに専門ショップなどができていく構想だとか・・・。これからの展開がますます楽しみですね。

ただ・・・
休日(特に午後)はかなり混雑しています。焼き立てバームや生どらを手に入れるのには何十分も並ばなければならないことも・・・。休日に行くならばそこは考慮したうえで観光のスケジュールを立てる必要があります。
クラブハリエのバームクーヘン

【関連記事】

>> ラ コリーナ近江八幡 CLUB HARIE(2015年11月3日)

アクセスなどはオフィシャルページにわかりやすく出ています。

>> ラ コリーナ近江八幡

>> クラブハリエ

| | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

2017年植物園イルミネーションは・・・

冬と言えばイルミネーション
京都では、京都駅のクリスマスツリーが11月18日、ロームのイルミネーションが11月24日に始まりましたが・・・
植物園イルミネーションのトウカエデ
京都府立植物園のイルミネーションも、2017年はいよいよ12月15日(金)から始まります!

期間:2017年12月15日(金)~12月25日(月)

>> 京都府立植物園

京都府立植物園のイルミネーション
この記事を書いている12月11日現在、まだ始まっていませんので、写真は2015年と2016年のものになりますが・・・
京都府立植物園のイルミネーション
今年も、ポインセチア展開催中の観覧温室夜間開室や、くすのき並木の装飾もあるようです。
京都府立植物園のイルミネーション
期間は12月25日(月)まで。
京都府立植物園のイルミネーション
時間は17:30~20:00(入園19:30)までで、入園料が一般200円。日中の開園を17:00に一旦終了してから、17:30にあらためて開園されます(オフィシャルサイトで必ずご確認ください)。

さほど派手なイルミネーションではないのですが、このイベントのみどころはやっぱり、北山門噴水付近のトウカエデではないでしょうか。
植物園イルミネーションのトウカエデ
昨年(2016年)は京都が舞台の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のロケ地としても話題になっていましたね。
植物園イルミネーションのトウカエデ
このトウカエデ、高さが20メートルだとか・・・。オフィシャルサイトによると、京都駅ビルのクリスマスツリーが22メートルだそうですので、同じくらいの高さですね。
植物園イルミネーションのトウカエデ
最寄駅は地下鉄の「北大路」駅または「北山」駅
駅からすぐ近いのは「北山」の方ですが、いきなり目の前がトウカエデです。もし時間があるならば、「北大路」駅から徒歩10分の正門から入った方が、観覧経路としてトウカエデがクライマックスになります。
ただ、長時間歩くとかなり寒いです。そもそも底冷えで知られる京都は、冬の寒さが厳しいまちですが、北大路や北山は市内中心部より寒いです。しっかりと防寒を!

>> 京都府立植物園


【アクセス】
京都府京都市左京区下鴨半木町
正門   :地下鉄烏丸線「北大路」駅から徒歩約10分
北山門:地下鉄烏丸線「北山」駅下車すぐ



| | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

名残りの紅葉 大徳寺から今宮神社へ

12月に入ってほぼ一週間。京都の紅葉はほとんどの名所で見頃を終えてしまいました。しかし、まったくもうどこにも彩りはないかというとそうでもなく、今日(2017年12月6日)はまだわずかに残る紅葉を楽しむことはできました。
2017年京都 名残りの紅葉・大徳寺
こちらは今日(2017年12月6日)の大徳寺境内。陽のあたる向きや見る角度にもよるのですが、まだこんな彩りを楽しませてくれる場所も残っています。この写真は、境内の北西・龍翔寺のあたり。
ここから高桐院(本堂の屋根瓦の葺き替え工事などのため2019年3月31日まで拝観休止中)の前を過ぎ、玉林院や龍光院のほうへと歩いていくと・・・
2017年京都 名残りの紅葉・大徳寺
ここでもまだ名残りの紅葉を楽しめました。
2017年京都 名残りの紅葉・大徳寺
12月の京都は、11月と比べものにならないくらい静かです。この、ほんとに終わりかけの紅葉の寂寥感には、この静けさはなくてはならないもの。喧騒は似合いません。

2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(紫野高校向かいのイチョウ並木)
今宮門前通りに抜けると、銀杏(いちょう)のあざやかな黄色が目に入ります。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(紫野高校向かいのイチョウ並木)
ここは見事な銀杏並木なのですが、今年はもうほとんど散ってしまっていました。それでもこうしてわずかに残る銀杏が目を楽しませてくれました。2015年の記事を見てみると、12月5日時点でまだきれいに残っていたのですが・・・(2015年12月「今宮神社東門の紅葉2015 」)。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社
今宮神社東門の紅葉も、やっぱり2015年や昨年(2016年12月「今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016」)に比べると、少し早めに見ごろが終わってしまった感じがしますが、それでもまだ名残りの紅葉は楽しめます。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社
2015年の記事と同じように撮ってみたのですが、あきらかに寂しい感じではあります。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(あぶり餅店は定休日)
それでも、じゅうぶんに趣きはあります。この写真、道を挟んで両側に写っているのが“元祖”と“本家”で向かい合うあぶり餅のお店。神社の境内から東を方向を向いて、左側が「一和(いちわ)」さん、右側にあるのが「かざりや」さんです。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社(あぶり餅店は定休日)
ただ、今日は定休日。門前はひっそりしていました。
2017年京都 名残りの紅葉・今宮神社
京都の名残りの紅葉、北区紫野・大徳寺や今宮神社を見ている限りは、今度の土日(12月9日・10日)はぎりぎりいけるか、ちょっと遅いか・・・といったところでしょうか。

この2年の同時期の記事もぜひご覧ください。

2016年12月 今宮神社 紅葉眺めてあぶり餅2016
2015年12月 今宮神社東門の紅葉2015

【アクセス】

市バス「今宮神社前」または「船岡山」下車。
駐車場の情報も含め、今宮神社のホームページに詳細が掲載されています。
>> 今宮神社

あと、少し歩いても大丈夫という方ならばこんなルートも・・・
地下鉄烏丸線「北大路」駅で降り、有人の南改札ではなく、無人の北改札から地上に出ます。すると、そこは“今宮通り”という道。その名の通り、ただひたすら西へまっすぐ20分ほど歩けば今宮神社です
階段をあがり、道路に向かった状態で左に進むことになります(もっとも、間違って反対に行ってしまってもすぐ賀茂川に出て直進はできなくなりますので、すぐ気がつきます)。

たとえば、京都駅からバスで「船岡山」バス停まで行くのと比較すると、降りてから歩く時間は倍以上になりますが、バスは遅い時はとことん遅いので、こちらのほうが早い場合があります。確実に計算した時間に着きたいならこちらの地下鉄利用ルートの方がオススメです。

| | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

暖かな陽射し おだやかな海

12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
この写真、「冬の日本海」と聞いて、真っ先に思い浮かべるイメージとは程遠いのではないでしょうか。
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
こちらは今日、2017年12月3日の宮津市・田井海水浴場付近のようす。陽射しは暖かく、海はとてもおだやかでした。
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
透きとおる美しい水。
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
今日の宮津市の最高気温は14.8度。
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
最高気温だけを見ると平年との差は2度ほど。該当句で言えば「11月下旬なみ」だそうで、そんなずば抜けてすごい気温だったわけではないのですが・・・
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
1日中、安定した晴天だったことで、数字にあらわれる気温以上に暖かな1日だったように感じました。
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
12月上旬、1日の宮津市の日照時間平均は2時間台。今日は9時間前後の日照になっていたと思いますので、これが“季節外れ”のように感じた大きな要因でしょう。
12月と思えないほど温かくおだやかな宮津の海(田井)
心までおだやかになる、海で過ごしたそんな休日でした。



| | トラックバック (0)

«銀杏と紅葉-京都御苑の彩り2017-